FC2ブログ

山口でのちょっとしたミラクル

 2015-07-11
【山口でのちょっとしたミラクル】

山口の宇部市で講演の翌日、下松市で講演だったのだが、ちょっとしたミラクルが起こった。
講演会場のすぐ近くの会場で、スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老アルボムッレ・スマナサーラ氏の講話とビッパサナ瞑想の無料実習会が開催されていて短い時間だったが参加することができた!なんというラッキーな巡り合わせ!
本で読む印象と随分違ってとても気さくで人間臭い。痛烈な大乗仏教批判などもあるのだが、ときにコテコテの関西弁で聴衆を笑わせながらお釈迦様が説く論理性高い教えについて解りやすく解説。

「人生には稀に、不幸なこと、上手くいかないことが起こりますが、ほとんど上手くいっているでしょう?朝、ちゃんと起きて、顔を洗って、歯を磨いて、朝ご飯を食べて…そういう上手くいっていることを、いちいち幸福にカウントしていないだけです。我々は99%幸福に生きているのに、不幸に遭った1%だけが気になってしょうがないというのは、合理的ではありません。「自分はどれほど幸せ者か」と改めて観察してみてはいかがでしょうか?びっくりする結果になると思います。」(スマナサーラ)

大長老

2015年GW 素敵なガイドでディープな出雲を味わう

 2015-05-13
10年前、愛媛で開催された地域通貨の研究会でご縁のできた森永壽さんのアテンドで出雲半日ツアー。京大哲学科卒で宮本常一にも詳しい博学の森さんのガイドでディープな出雲歴史ツアーを満喫。出雲大社・稲佐の浜・稲田神社の参拝ほか、出西釜や食の杜などにも連れて行って頂く。深謝!

森さん出雲

以前、広島での講演に参加してくれた渡邉由紀子さんが出雲での講演に来てくれる。翌日、「先生をとっておきの場所にお連れしたい」と連絡あり。前日、やはり以前山口での講演に参加してくれたさんYさんも出雲での講演に来てくれたのだが、天野先生の料理教室で出会った二人は昨日「その場所」に言ったという。大学の卒論で古典の世界をテーマにしたという彼女は古事記・万葉ばかりでなく秀真伝・黒住教まで詳しく、興味深い解説とともに出雲大社より西へ15分ばかり海岸沿いを走った所にある「日御碕神社」に案内して持った。祭神は出雲大神の父神に当り、出雲大社の奥の院・親神として、また伊勢神宮は昼を、こちらは、夜を守る神との信仰があるとのこと。神の宮に素盞嗚尊(すさのおのみこと)、日沈宮に天照大御神(あまてらすおおみかみ)。近くにはなんと月読命ゆかりの地もある。アマテラス・スサノオ・ツクヨミの3柱神勢揃い?!古事記・秀真伝の解釈の違いも面白い。日御碕灯台の近くにある工芸店に立ち寄ると、なんとオーナーのお名前が「波多野」さん!ハタ族の話まで広がりしばし歓談ののちに、彼の作った素敵な作品を購入!特別にTAO’s café用にアレンジしてもらうことに。素敵なご縁を頂いた渡邊さんに深謝!

渡邊さん出雲

笑って喰らう恵方巻き?

 2015-02-23
昨日の節分、福岡に住む妹が大量30本の恵方巻きを作ったということで、我が家に手作り太巻き8本届けてくれる。
 江戸時代の平賀源内発案・土用丑の日ウナギから、昨今の11月11日ポッキーの日までつらなるジャパニーズマーケッティングの賜物のような全国普及。博報堂の調査では今や節分に「豆まき」よりも「恵方巻」の方がした人の数の方が多いというから驚きだ。TVを使ったコンビニ・スーパーマーケットの洗脳力は凄い!
 とはいえ、バレンタインデー、ホワイトデーなど販売促進を促す商業的イベントの中では、「恵方巻き」は数少ない貴重な「米」を使ったもの。まぁ、え〜ほうやろうってわけで、黙って食うもよし、笑って喰らうもよし!
 2015年の恵方は庚の方角、西南西。陰陽五行のエピキュリアンは、春(木)の障害になる「金気」を「笑い」という「火気」で滅する(火剋金)と笑いながら喰らう? ははは!
10959680_10153124122225850_3311230260446631747_n.jpg

小国両神社からの頂き物

 2013-12-22
小国両神社より伊勢神宮大麻を頂く!

大麻_512

六金色旗@真光寺

 2013-11-25
「御正忌」の役員で菩提寺の真光寺へ。写真は、六金色旗とも呼ばれる仏教旗。青・黄・ 赤・白・樺色の5色と、それらが混ってできる色とを合わせて6色の旗。青色がお釈迦様の髪の色。黄色が金色に輝くお釈迦様の体の色、赤色がお釈迦様の情熱ほとばしる温かい血潮の色、白色がお釈迦様の白い歯の色、樺色がお釈迦様の体をつつむ袈裟の色をあらわしている。

真行寺_512

----------------------
波多野 毅 講演スケジュール

12月1日(日) 福岡TAO塾
12月8日(日) 熊本TAO塾
12月17日(火) 東京TAO塾
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫