FC2ブログ

出立式

 2015-02-23
広島からTAO塾に3週間ワークスタディステイに来ていたAさんの出立!
菊芋収穫、農産物加工からパソコン入力作業まで色々頑張ってくれた。
早朝の禅寺での座禅、熊本市の人気マクロビレストラン「Private Lodge」での会食、TAO塾研修生みっちゃんとの共同生活、そして朝のサークルプロセスミーティング・・・・お土産に北里洋子先生の「菊芋レシピ本」と「菊芋種芋」を持って帰ってもらう。半農半Xを志す彼女のこと、一粒万倍に広げて行ってくれるだろう!
出立式

TAO塾で3ヶ月間、研修生をしていたM君のご両親がTAO塾に来られた。

 2014-05-26
12年程前に、TAO塾で3ヶ月間、研修生をしていたM君のご両親がTAO塾に来られた。M君が6年前に自らの命を絶ったことを知った際には大きなショックを受けたが、お母様のご実家が大分ということで帰省途中にTAO塾に立ち寄って頂きお礼の挨拶に訪ねてくれたのだった。M君がTAO塾滞在中にご両親にあてた手紙には、ステイ中の楽しい仕事や交流の様子が沢山書かれていたそうだ。話を伺うにつれ目頭が熱くなった。関西に戻った後、就職した会社が倒産したことがきっかけでどんどん精神的に追いつめられていったとの話を聴く。TAO塾出立後は連絡が途絶え、彼のその後の苦悩については知らず何の力にもなれなかったことが悔しく悔やまれた。帰りに、ご両親に彼が手伝ってくれていた玄米ぽんせんをプレゼントし、彼との思い出の場所「鍋ヶ滝」に案内した。

 昨日は、その鍋ヶ滝近くにある我が家の菩提寺の檀家総会があった。仏教のどの宗派にしても、寺を訪ねると、宗教の持つ光と同時に負の部分を感じてやまない時がある。私が学生の頃御世話になった松原泰道師は多くの僧侶達が葬式仏教に甘んじている状況を憂い、本来は生きるための智慧としてこそ仏教はあるのだと常々語っていた。私は、師に倣い寺に行って「形骸化」の印象を持ったときは、仏教諸宗派の創始者の言葉に立ち返ることにしている。空海、最澄、道元、栄西、法然、親鸞、日蓮・・・。平安・鎌倉の祖師達の言葉は深淵である。

「明日あると思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」(親鸞)
1010479_10152492067520850_3152454190074882581_n.jpg
6月のTAO塾イベントのお知らせ
○6月3日(火曜) TAO塾塾20周年記念無料講演会 山添リカ医師講演 詳細はコチラ
○6月7日(土曜)~8日(日曜) TAOボディチューニングセミナー 詳細はコチラ
○6月12日(木曜)TAO塾北里洋子先生のお料理教室@熊本市健軍 詳細はコチラ
○6月14日(土曜)午前 東京TAO塾「陰陽五行」講座 詳細はコチラ
○6月14日(土曜)夜 鎌倉「原子力から原始力」講演 詳細はコチラ
○6月15日(日曜)昼 東京TAO塾「メンタルブロック解除ワーク」 詳細はコチラ
○6月21日(土曜)~22日(日曜) 夏至の日・心身浄化キャンドルナイト 詳細はコチラ
○6月28日(土曜)~29日(日曜)精神医療問題セミナー&リトリートステイ 詳細はコチラ

TAO塾研修生の二人も、メキシコのDannyとスペイン語会話に挑戦!

 2014-05-21
TAO塾研修生の二人も、メキシコのDannyとスペイン語会話に挑戦!
10336586_10152480332735850_6175773470977047255_n.jpg
6月のTAO塾イベントのお知らせ
○6月7日(土曜)〜8日(日曜) TAOボディチューニングセミナー 詳細はコチラ
○6月12日(木曜)TAO塾北里洋子先生のお料理教室@熊本市健軍 詳細はコチラ
○6月14日(土曜)午前 東京TAO塾「陰陽五行」講座 詳細はコチラ
○6月14日(土曜)夜 鎌倉「原子力から原始力」講演 詳細はコチラ
○6月15日(日曜)昼 東京TAO塾「メンタルブロック解除ワーク」 詳細はコチラ
○6月21日(土曜)〜22日(日曜) 夏至の日・心身浄化キャンドルナイト 詳細はコチラ
○6月28日(土曜)〜29日(日曜)精神医療問題セミナー&リトリートステイ 詳細はコチラ

メキシコからの短期研修生のLily@Hatano's Beatles Bar

 2014-05-20
メキシコからの短期研修生のLily@Hatano's Beatles Bar

『メキシコの漁師の話』・・・日本の落語の「道具屋」「醒酔笑」と同じやね!

アメリカ人の投資家がメキシコの小さな漁村の埠頭についたとき、
小さなボートに一人の漁師が乗っていた。
ボートの中には数匹のキハダマグロが釣られていた。
そのアメリカ人はメキシコ人に魚の品質を褒めて、
釣り上げるのにどれくらい時間がかかったのか尋ねた。
メキシコ人は答えた。「ほんの少しの間さ」
「何故、もう少し続けて もっと魚を釣らないのかい?」
「これだけあれば、家族が食べるのには十分だ。」
「でも、君は残った時間に何をするんだい?」
メキシコの漁師は答えた。
「朝はゆっくり目を覚まし、少し釣りをして、子供たちと遊び、
 妻のマリアと昼寝し、夕方には村を散策し、
ワインを味わい、アミーゴ(仲間)とギターを弾くのさ。それで人生は一杯さ。」
アメリカ人は小馬鹿にし、
「私はハーバード大のMBAを取得しててね、きっと君を助けることが
 出来ると思うよ。」
「君は、もっと釣りに時間を割いて、その収益で大きなボートを買うんだ。
 大きなボートでまた釣りをして、その収益で今度はボートを何台も買うんだ。
 次第に、君は漁船の一団を率いるようになるだろう。
 そして釣った魚を仲介者に売る代わりに、製造業者に直接売るんだ。
 次第に、君は自分の缶詰工場を始めるようになるだろう。
 君は生産・配給量をコントロールするようになる。
 この沿岸の小さな漁村を離れてメキシコシティに移る必要が出てくる。
 それからロスアンゼルスへ引っ越し、次第にニューヨークへ移り、
 君はこれまで拡大してきた君の企業を運営するんだ。」
メキシコの漁師は尋ねた。
「でも、一体どれくらい時間がかかるんだ?」
それに対して、アメリカ人は答えた。
「15年から20年だろうな。」
「で、それからどうなるんだ?」
メキシコ人は尋ねた。
アメリカ人は笑って
「時に合えば、君は株式公開をし、君の会社の株を売って、
 大金持ちになるのさ、億万長者にね。」
「億万長者?…で、それからどうなる?」
アメリカ人は言った。
「それから君は引退して、小さな沿岸の漁村に引っ越し、
 朝はゆっくり目覚め、少しだけ釣りをして、
 子供たちと遊び、妻と昼寝し、夕方には村を散策し、
 ワインを味わい、アミーゴとギターを弾くのさ………」
10384307_10152478925320850_1615774402187271939_n.jpg

メキシコからの短期研修生、洋子先生の指導で上手に書けました!

 2014-05-20
メキシコからの短期研修生のLily〜洋子先生の指導で上手に書けました!
10393834_10152478923575850_2637649142616276365_n.jpg
10308370_10152478923815850_1640965909192875414_n.jpg
10271585_10152478923680850_2313675986374778249_n.jpg

タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫