FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お彼岸〜私のために生まれて来た人

 2018-09-30
お彼岸〜私のために生まれて来た人
“Higan” People born for me


I took part in the Buddhist events called ‘Higan’ at Shinkouji temple this morning.
Higan is the week surrounding the Vernal Equinox Day or Autumnal Equinox Day.
It is also a Buddhist word and means the world of enlightenment.
Higan is an important opportunity to appreciate our ancestors.
First of all, all the participants chanted a Sukhavati sutra.
When I lived in Tokyo, I participated in the lecture by Mr. Shouyu Hanayama who is Professor of Musashino Women's University and also Priest of Jodo Shinshu Buddhism.
He recommended me to read the book written by Mr. Yoshio Toui who is Primary School principal and also priest of Jodo Shinshu Buddhism.
I remembered one of his poems.
‘My wife may have been born for me. But she was so close to me therefore I did not notice it.’(Yoshio Toui)
I put various dead person’s name instead of “wife” in this poem.
grandfather, grandmother, father, uncle, aunt, cousin, teacher, student, benefactor, Senior ,best friend, colleagues, rival, etc
お彼岸法要に真光寺へ行く。
「お彼岸」は春分の日または秋分の日を中心とした1週間のこと。また仏教では、悟りの世界も意味する。彼岸は先祖に感謝する大切な機会とされている。
最初に、仏説阿弥陀経を参加者全員で読経。
東京時代、武蔵野女子大学教授で浄土真宗の僧侶だった花山勝友先生の講演を聞いた。講演後、先生からやはり小学校の校長先生で浄土真宗の僧侶である東井義雄先生の本を読むように薦められた。
「妻 ひょっとして これは わたしのために 生まれてきてくれた ひとではなかったか
あんまり 身近に いてくれるので 気づかずにきたのだが」(東井義雄)
「妻」の代わりに、祖父、祖母、父、叔父、叔母、従兄弟、恩師、生徒、恩人、先輩、親友、同僚、ライバル等々の名前を入れて読んでみる。

42257236_10156752872035850_6537068038443761664_n[1]


42246046_10156752872040850_8144066327535943680_n[1]


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/4604-6af2c32c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。