小国町と南小国町の間には深くて長い溝がある?

 2017-04-06
小国町と南小国町の間には深くて長い溝がある?】

私の父は小国町出身、私の母は南小国町出身。
因みに、TAO塾は小国町、TAO農場は南小国町にある。

小国町と南小国町を合わせて通称「小国郷」と呼ぶ。小国郷アボリジニの私には両町に渡って親戚や友人も多い。
十数年前、所謂平成の大合併の時、両町の合併を議論する会議の合併審議員というのを仰せ付かり会議に数度となく参加したことがあった。その時に耳にしたのが、「小国町と南小国町の間には深くて長い溝がある」という言葉。

会議の中で私が「もしそうだとすれば、両町の長所と短所を補いあったら最高じゃないですか?」と言ったものの結局は両町は合併しなかった。私は特に合併推進論者ではないのだけれど。

両町の反目は世代が若くなるにつれ、その傾向は薄れているが、隣接する町でありながら、確かに行政手法、町民性、その他諸々に特徴・相違点の存在と根深さを感じる時がある。

子供の頃に感じた生まれ故郷に漂う言葉にならない「モヤモヤ感」。光と影を生む「小国郷」の精神的活断層の背景は?熊本県立図書館の青木勝士氏の「中世後期の小国郷」という講演を聞いて、うっすらそのヒントが見えてくる気がした。

大学時代、母校小国中学校で2週間教育実習した時に目を通した「小国郷史」をもう一度読んでみようかと思った。ここ最近、狂った日本の現状をうんだ背景を探りたいと歴史教科書、佐藤優氏絶賛参考書、はたまた古史古伝、陰謀史観・・・硬軟左右問わず読みあさる日々。日本と世界の通史をダイナミックに捉え直せたら「今」の意味が少しはわかるような気がしているのだが・・・・

17201387_10155111186900850_2399806501895891750_n.jpg
17203192_10155111186905850_4283499378604800036_n.jpg
17098553_10155111186915850_752257233916074948_n.jpg

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3705-46b609d4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫