クリスマスミサとシュトーレン

 2017-01-14
【クリスマスミサとシュトーレン】

いつもはプロテスタント系の教会に行くのだが、今年は縁あってカトリックの教会に行った。

「きよしこの夜」の歌詞が一般のものとは違うとは知らなかった。日本のカトリック教会においては、別訳にてカトリック聖歌集111番の「しずけき」として親しまれているとのこと。

佐藤太地君&美鶴ちゃんの新婚夫婦が、作り立てのパンとシュトーレンを持って挨拶に来てくれる。先日は友人の西日本新聞記者•堀米千恵さんが新聞に彼らの記事を書いてくれたが沢山の人達がその記事を読んで買いに来てくれているとのこと。ドイツで12年間修行してマイスターを取得した太地君のパンがクリスマスをさらに彩り豊かにしたことだろう。

クリスマス
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3674-ac24d239

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫