【カルチャーな1日〜TとってもPパープリンなPプロジェクトを想う】

 2016-11-27
【カルチャーな1日〜TとってもPパープリンなPプロジェクトを想う】

今週末は熊本大学「紫熊祭」他、文化イベント目白押し。今日は地元小国町の文化祭に参加。

TAO塾の卒業生の親が主催している生け花教室や書道教室の美しい作品を鑑賞。

小国町生活研究グループの甘酒、味噌作りも素晴らしい。小国中卓球部時代の恩師高野体二先生の奥様の切り絵や小田菊美さんの「鏡ケ池伝説」の労作にも胸打たれるものがあった。

その後、南小国町役場前のカフェVerdeでリラックス。オーナーの高橋ラムちゃんと鎌倉コミュニティの話で盛り上がる。
次に、TAOリトリートで元ウーファと13年ぶりの再会に懐かしい昔話で花が咲く。TAOウーフ後、同じ教師の男性と結婚し今年二人目の赤ちゃんを授かったという。

最後に、南小国町の元波居原小学校跡で開催された「米フェス」では、美味しい新米ほか、沢山の手作り漬物を頂き、「収穫の秋」を満喫!

文化Cultureな一日だったが、そもそも農業Aguricutureの語源はラテン語のagri畑とcultūra耕すの合成語。

農業を工業や商業と同じ「業」として表現するのには違和感を感じる。

農業の業を、工業の業Industryと同じ捉え方をするとTPP(TとってもPパープリンなPプロジェクト)などという発想になっていく。

小国文化祭
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3639-b90eaae5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫