地震に続き、噴火そして大火事でご心配おかけしています。

 2016-11-21
【阿蘇山爆発〜ご心配おかけしていますが】

朝からメール着信の音が鳴り続ける、、、。

「大丈夫ですか?無事ですか?」

爆睡していて、阿蘇山の中岳第一火口で噴火があったという知らせはテレビでもラジオでも有線放送でもなく友人からのメールだった。

1980年以来の36年ぶりな爆発的な噴火で、大きな噴石が火口から1キロを超えて飛散した可能性があり、気象庁は噴火警戒レベルを3に引き上げたという。阿蘇市に住む友人からの火山灰のせいで白い車が真っ黒になったとのメールも届いたが、今のところ心配しすぎることはない。

とりあえず、こちら無事ですのでご安心を!ご心配有難うございます。熊本地震から続く熊本への暖かい眼差しに心から感謝です。個メール返信追いつかなくてすみません。

地震、大雨、猛暑、台風、そして噴火と続く熊本だが、回りを海で囲まれた島国日本は地震列島であり火山列島。天災があるのは宿命的なもの。マスコミやネットの最新情報には留意しつつも、あまりその過剰報道に右往左往してはいけない。その不安を煽る裏に政治的、商業的意図が隠されていることも少なくない。

それよりも目を向けるべきは天災騒ぎにかき消される「人災」である。

モノカルチャーの林業施策、原発依存のエネルギー施策はじめ枚挙に暇がない。

今日から三日間、南小国の甲の瀬キャンプ場マゼノ共和国でレインボーフォレストにキャンプイン。
大地の声に耳を傾けたいと思う。

14572201_10154609187960850_8448463844512047189_n.jpg

小国町中心街の火事〜ご心配おかけしています】

噴火に続き、火事がマスコミで大きく報道され、続けざまご心配おかけしています。沢山のお電話&メール有難うございます。返信が追いつかずすみません。

我が家もTAO塾も街中心部から少し離れたところにあるので問題ありません。ただ、私の中学の同級生2人の実家や先輩&知人宅も全焼。お陰様で火は完全に鎮火しましたが、水浸しの焼け跡を見るのが辛いです。

親戚のコトブキカメラも燃え移る可能性ありということで、テントを撤去しキャンプ場を後にし急遽手伝いに行きましたがお陰様で大丈夫でした。TVニュースを見た人から従兄弟がインタビューに答えていたとのメールをもらいましたが、火の勢いがとても激しく、現像機器その他機械よりもなによりもお客様の貴重な写真データなどの入ったHDの持ち出すのに懸命だったとのこと!

【地域のつながり、命救った 熊本・小国の20棟全半焼】

地元小国町の中心市街地での大火事。店舗や住宅など約20棟が全半焼した。

消防団の5時間に及ぶ消火活動、そして近くの寺では主婦達が炊き出しに頑張った。こういう緊急時にこそ日頃のコミュニティ力が試される。

火事は本当に怖い。風に煽られ火の勢いが凄まじかった。しかしながら、犠牲者が出なかったのは不幸中の幸い。命あっての物種・・・本当に良かった。

幼馴染みの友人宅が全焼したことで、同級生で見舞金を集めることにした。落ち着いたらまた彼と一緒にメシでも喰おうと約束した。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3621-ffeff0b9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫