講演会 @日本財団会議室 in 東京「災害弱者と 熊本地震〜東洋医学の『陰転じて陽』に学ぶ〜」

 2016-10-17
14523226_1432276936800858_8245815979410705600_n.jpg


講演会 @日本財団会議室 in 東京

「災害弱者と 熊本地震〜東洋医学の『陰転じて陽』に学ぶ〜」

熊本地震の際、全国各地から沢山の善意のカップラーメンや菓子パン、レトルト食品などの救援食が届けられました。しかしながら、それらを食べることができない人達が続出。食べてしまうと、その夜から「痒い、痒い」のつらい症状が起こってしまう人、もしくは重度の呼吸困難に陥ってしまう人達が存在するのです。

熊本県阿蘇郡小国町を拠点に「食育」活動を20年以上にわたり取り組んでいる一般社団法人TAO塾では、これまでも阪神大震災、東日本大震災支援活動を踏まえ、今回の熊本地震において、これらアトピーやアレルギーを持つ「災害弱者」の人達に安心安全の食を届ける支援活動にとりくんできました。
今回、公益財団法人日本財団様のご厚意で東京の地で講演させて頂くことになりました。熊本での活動内容の報告と共に、この活動を支えてきた東洋医学とマクロビオティックの英知について、現場で指揮を取ってきた波多野毅さんと天野朋子さんに語ってもらいます。

FACEBOOKイベントページはコチラ

⭕️テーマ
災害弱者と 熊本地震支援活動
〜東洋医学の「陰転じて陽」に学ぶ〜

⭕️日時
10月27日(木曜)18時半〜20時
場所:公益財団法人日本財団二階会議室
東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル
TEL : 03-6229-5111(最寄駅 地下鉄虎の門駅or溜池山王駅or国会議事堂前駅)
(アクセス詳細は下記URLをご覧ください)
http://www.nippon-foundation.or.jp/who/about/access/

⭕️参加費
無料

⭕️主催
熊本地震食のバリアフリー支援プロジェクト

⭕️申込み
問合せ:taojuku@gmail.com

熊本地震食のバリアフリープロジェクトは、現在、「熊本県産のオーガニックの農産加工品を買って頂く支援」も呼びかけています。講演会場に生命力の高い熊本産無農薬オーガニック農産加工品を持参しますのでご購入頂けると幸甚です。どうぞ宜しくお願いします。

⭕️講師

《波多野毅 》
一般社団法人TAO塾代表理事 食エコロジスト 熊本地震の際、東洋医学やマクロビオティックの英知を活かして、一般救援食を食べられないアトピーやアレルギーを持つ人達への支援活動を展開。

《天野朋子》
Whole Foods Studio代表。懐かしい未来食研究家。豆、雑穀、乾物といった昔ながらの食材を、楽しく美味しく現代の食卓に活かし、災害時の備蓄食材としても活用する料理教室を主宰。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3603-472c8b5f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫