【小国寡民〜音楽の息づく町】

 2016-09-17
小国寡民〜音楽の息づく町】
 
9月9日。小国町内に鉄の造形作家ZUBEさんのアート作品が展示されている小国収穫祭。初日は坂本善三美術館でZUBEさんの友人の「ブルースボーイズ」のライブ。昼間、畳敷きの古民家でブルース・・・ミスマッチ感が意外にも体を緩めて気持ちいい。鉄の廃材を利用したユーモラスなオブジェ作品を製作する"鉄の" アーティストZUBEさんらしい"枠”にとらわれないバイブレーションが空間に漂う。
 
9月14日。小国のブルーノート「Hairs Gold 2F」にて深夜までどっぷりJAZZに酔いしれる。Holly Cole、Sophie Mailman、Grace Mahya、Diana Jean Kral...低音セクシー・ハスキー・ヴォイスのGrace Mahyaのルート 66 、モナリザはいつ聞いても魅力的だが、幼馴染の同級生が100万円以上投資したという自慢のラックスマンアンプとJBLのスピーカーで聴く八代亜紀「なみだ恋」のジャズバージョンの迫力は圧巻。
 
 
阿蘇小国の山の中で、素敵な音楽に触れられる豊かさにThanx!
 
 
「You raise me up, so I can stand on mountains;You raise me up to walk on stormy seas;I am strong when I am on your shoulders;You raise me up to more than I can be.」
 
君が私を起ち上がらせてくれる、だから山の頂きにだって立てる。君は私を起ち上がらせてくれる、だから嵐の海の上だって歩ける。君が支えてくれる。だから私は強くなれる。君は私を送り出してくれる、私ひとりでは辿り着けない場所に」(ブレンダン・グラハム)

アート作家ZUBE
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3591-1cd08af0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫