【日々届けられる現実が教えてくれるもの】

 2016-09-16
【日々届けられる現実が教えてくれるもの】

福岡の妹宅を早朝出発。赤いの満月と赤い朝焼けを見ながら関門海峡を渡り、リオ五輪男子卓球決勝を見終わる頃に尾道到着。
「食のバリアフリー〜医食同源から医食農同源」のテーマで講演させていただく。
熊本地震におけるTAO塾のアトピーや食のアレルギーを持つ災害弱者の人たちへの支援活動の歩みを紹介した後、アトピーで苦しむ子供達が増えた原因〜「食の構造的暴力」について話す。
「先住民の知性、シャーマンの心にとって、「世界」とは大地で起こるすべてのことを指す。草のそよぎ、風のささやき、ジェット機の爆音。世界で起こっていること、世界のすべてはあなたのプロセスの一部なのだ。シャーマンの心にとっては、シンクロニシティや神秘的な結びつきというものはない。すべてがあなたの一部だからだ。」(アーノルド•ミンデル)

広島講演
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3563-065078b6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫