【一筆入魂の本たち】

 2016-06-27
【一筆入魂の本たち】

中々ゆっくり本を読む時間が取れない日々だが、友人たちが執筆した素敵な本が次々と送られてきている。

◯学生時代からの親友•鎌田陽司から「ことかたの道を求めて」。ことかた〜異方〜alternative way。ネパールそして懐かしい未来で培った着眼大局着手小局のグローバルな視点と地元学ローカリゼーションの実践知が詰まっている!

◯以前、TAO塾の女神講座シリーズでも講師をしてもらったこともある山本みゆきさんの「7日間セルフイメージ革命」。IQでなく感情の知性と呼ばれるEQを高める書き込み式ワークブック。今年TAOリトリートでもコラボをする予定!

◯かつて千島学説研究会で講演する機会を与えてくれた江口麻緒さんの「梅姫せっけん」。日本のアーユルヴェーダを追求している彼女の歩みと求める世界がマンガで表現されたユニークな本。アトピーに苦しむ人たちへの福音になる良書!

小国の「都離美庵」オーナー日野栄二さんにご紹介頂いた「タニサケ」松岡博社長の「一流の日本人を求めて」。長い実践に裏付けられた彼の言葉には質量がある。従業員満足度の高い「タニサケ」の社内報が外部の人から注文があるのも頷ける。

「読書が、われわれの人生に対する意義は、一口で言ったら結局、心の食物であるということ」(森信三)

本
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3494-51426b23

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫