熊本地震 5月13日 

 2016-06-19
【我が子らよ サーファーに学べ】
熊本市健軍おーさぁに援助物資を届ける。
一般物資と別枠でアトピーやアレルギーがある人達でも安心して食べれる「食のバリアフリー支援コーナー」の充実をはかる。宮川いつ子施設長より沢山の人達に喜ばれている様子を報告して頂く。
午後より、次男が高専で使うパソコンを購入しにアプライドへ。ハードディスクを外してラピッドSSDに変えたNECの最速マシンを手に入れるために父ちゃん値切りも顔晴る(笑)地震の影響で授業時間延長、夏休み短縮になるという。三年次の留年率10%という制御情報システム工学科は自分で選んだ道だからしゃーない!
次男が済んだら長男の今月末渡豪に向けて準備。クレジットカードは怖いのでマネパカードを用意。島原で自然学校を主宰している高橋和毅君から紹介してもらった留学時代の友人や、ディープエコロジストのアンニャライトに紹介してもらったパーマカルチャリストらと下手な英語でやりとりし、父ちゃん顔晴る(笑)
彼らの家、ホームステイ先、ジェームズクック大学、ダウンタウン全て8キロ圏内。現地で中古の自転車を手に入れることにしよう。日本人比率、アジア人比率が全豪一低いと言われる白豪主義発祥の地Townsvilleだが、自分で選んだ道だからしゃーない!
難有り 即ち 有難し!
自分で選んだ好きなことなら、全ての困難は成長の糧、芸の肥やしなり。「努力」とか「勤勉」とか「世のため人のため」などと、不自然なことを言う世界とは無縁なり!
我が子らよ!己の原始生命体的身体性に根ざした直観に従い、目の前に届けられる大波、小波をサーフィンするエピキュリアンタオイストであれ!


【祖父の墓参り〜台所は生命の薬局•温泉は生命の湯治場】
夕方、熊本—合志—菊池—小国の387号線をぶっとばしてTAO塾に戻ると、鹿児島指宿で「日本のアーユルヴェーダ」を手がけている江口麻緒さんが来塾。
開聞岳の裾野に広がる日本で最も古いハーブ農園「開聞山麓香料園」で作られた「芳樟」等を配合したアトピ−等に特効ある石けんや全国のお仲間達から寄せられた煎り玄米と梅干しなどを頂く。
以前、千島学説研究会で講演の機会を頂き、池上明医師や赤嶺勝人さんらとのパネルディスカッションも楽しませて頂いた。彼女が提唱する「キッチンファーマシー」に大いに共感。マクロビオティックの創始者桜沢如一は「台所こそ生命の薬局」と喝破した。
夜は、TAOリトリートでセミナーをするハワイのヒーラー・ジョセフ・ミナ氏らと一緒に黒川温泉へ。山河旅館の露天風呂に浸かり、彼と今回の地震の意味などについて話す。
夏の夜空に輝くはくちょう座のデネブ、こと座のベガ、わし座のアルタイルの夏の大三角形はよく知られているが、今年2016年は火星、土星、さそり座のアンタレスの小三角形というのが限定的に見れるらしい。そういえば赤い星が2つ並んでいた。
地震がらみで、不安や恐怖心を煽るおどろおどろしい情報や、ふわふわした「すぴりちゅぁ〜〜〜る」情報、背景に商売的あるいは政治的意図のある情報など、様々な「とんでも」情報も錯綜しているが、そんなときこそ時に喧騒を離れ自然の中に身を置き、深呼吸し、温泉につかりリラックス。己自身の声を聴くスローな時間を。
現実を「仰視」し具体的に行動することと同時に、物事の背景を含めて広く深く多角的、大局的、階層的、総合的に「俯瞰」する「複眼思考」を忘れるべからず。
先日、天才・坂口恭平からもらった電話で交わした言葉を噛み締めながらしばし目を閉じよう。一緒に訪ねる原生林が教えてくれる。どんな展開が待っていようと、全ては完璧なタイミングで進行していると。
そして早朝、母・ミヨ子と宇野電器の素子叔母さんと三人で祖父の墓参りに行く。


13177610_10154202707560850_8575956684831690096_n.jpg


ヤマガラが メメントモリに 遊ぶ森

https://www.facebook.com/hatano.takeshi.5


九州•熊本から全世界に発信! シェア歓迎
「いのちのふるさと」今、私たちにできること

《Please spread the word!》
From Kyushu/Kumamoto to the World.
"Make a choice. Hear our voice."
http://inochi-no-furusato.strikingly.com/
(English, French, Spanish, Korean, Portuguese, and Italian are now available.)
Our feelings
Please listen to the voices of the citizens of Kumamoto - the victims of the recent earthquake.
Thank you so much to everyone who has shown support for Kumamoto during this difficult time.
Here in Kumamoto, in the heart of Kyushu, we are still frightened by tremors that continue to occur - more than thousand times so far. We never know when the next earthquake will hit and both old and young feel both uneasy and furious that nuclear power plants haven't been shut down and that anger and fear is growing. After the Fukushima nuclear accident, Kyushu prefectures including Kumamoto did their best to become the food storage center for Japan. Japan will collapse if a similar accident happens in Kyushu. The produced vegetables and imported food will mean nothing without the necessary resources, energy, facilities and transportation tools.
These things become meaningless without our infrastructure.
And if a nuclear accident happens in Kyushu, it won't be the time to think about the Tokyo Olympics that everyone is looking forward to. The Japanese government knows everything about these possibilities, but they still don't stop relying on nuclear power. Even though the Japan Meteorological Agency continues to recommend constant preparedness for more possible devastation. Is it because they want to prove that "the new standards (will allow a plant to) endure an earthquake with a magnitude 7"? If so, is it worth putting our area in danger for an experiment? Now is the time for Japan to remember and show respect for the damage and pain that Fukushima has endured. The same mistake should not be made twice.
When the earthquakes hit, many of us thought that we would lose our lives. Because many of us have miraculously survived, we need to appreciate that miracle and also realize that we are still facing a major threat to our lives and livelihood. Because the danger is right in front of us who live here, we can see more clearly how desperate the situation is.
TO everyone in Japan and around the world, we ask you to please help us to "STOP Nuclear Energy! HELP Kyushu and Japan!"
Not only Kumamoto and Kyushu, but all of Japan is now facing a major threat to survival. Stand up! Raise your voices! From wherever you are, share your opinions and raise your voices to the Japanese government. We strongly hope our combined voice will reach everyone all over the world.
From Kumamoto with expectant hope.
8:00am April 29, 2016
From Hitomi Tango and from the victims and their families of the Kumamoto Earthquake Disaster

http://inochi-no-furusato.strikingly.com
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3491-81ab168b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫