わが小国町が熊日新聞1面トップ記事に

 2016-03-12
【わが小国町が熊日新聞1面トップ記事に】

小国町の再生エネルギーの取り組みが地元新聞のトップ記事に掲載!
日本のエネルギー自給率7%のなか、小国町は141%!
日本の食料自給率39%のなか、小国町は125%!
(日本の木材自給率19%のなか、小国町は数百%!)
エネルギー自給率と食糧自給率の両方が100%を超える地域を永続地帯と呼ぶ。
子供の頃、私は「小国」という名前が嫌いだった!
小国町に生まれ育った私は、その名前「小さい国」をしょぼく感じたのだ。
時代は高度経済成長期。CMには「大きいことはいいことだ」が流れていた。
しかし、世界を旅する中、東洋哲学の英知の深さを身にしみた。
老子は自然と人為の調和した理想郷のモデルを「小国寡民」と呼ぶ。
「国は小さく、民は寡( 少 )なくあるべし。」と。
地域内循環、自然に負荷をかけない「足るを知る」生活こそ理想郷の原点と見抜いていたのだ。
老子の言う「小国寡民」は理想社会の描写ではなく未来社会の予言なのかもしれない。

12821563_10154017351815850_1659550993332986540_n.jpg
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3419-8dd5ffec

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫