シルバーウィーク 嬉しい再会①

 2015-09-20
【シルバーウィーク 嬉しい再会①】

 TAO塾卒業生の麻生大策君が、大阪からの帰省のついでにTAOカフェを訪ねて来てくれた!中学卒業以来の10年以上ぶりの嬉しい再会。
 東京の大学に進み、学生時代にはサークルの代表を務め、アルバイト先の居酒屋ではバイト800人の中でトップの成績を残したことが、就職試験面接でのプレゼンで高く評価されて難関のドイツ系外資企業に見事合格したという。
 その後、元アナウンサーで「1分間英語勉強法」「1分間日本史」「プチリタイヤ夢リスト」等の著作で知られる石井貴士氏をメンターにして、様々なセミナーで自分磨きをしている話をしてくれる。
「波多野先生!中学時代、兄貴と比べて余り勉強していなかった僕が今は、速読で年間1000冊の本を読んでいますよ」と笑う。
「いや、TAO塾にある5000冊の本も全て、俺が大学卒業後、人生の師匠の元で書生生活をしていたときから読み始めた本だから、同じもんさ」と私。
 目を輝かせ「給料の殆どは、識見を高めるセミナーや本など学習に費やしています」と笑う彼が、お土産を渡してくれながら、こんなことを・・・
「僕の生きる姿勢の根本に、TAO塾の『T楽しく A明るく O面白く』の精神が息づいていますよ」
いや〜嬉しい事を言ってくれる。
 お土産のお返しに最近雑誌に書いた記事を渡す。
彼なら、いつかきっと「T楽しく A明るく O面白く」の陰的側面「T足を知る A 有難う Oお陰様」の世界も感得することだろう。
 帰り際、「まだ20代!大いに『若気の至り』をかませ!」と発破をかけてやった!いや〜またの再会が楽しみだ。

12049501_10153674936925850_6199974825960329270_n.jpg
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3294-d08e9f06

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫