時間をスローにするヒント

 2015-09-16
近所に住む98歳になるお婆ちゃんが、足が不自由ながら息子さんに肩を抱かれて明後日9月9日の父の命日の前にお参りに来てくれた。父や祖母との懐かしい思い出話をした後、母と私とで二人で肩を抱き、手を引っ張ってご自宅まで送ることにした。
しかし、我が家の裏でわずか20mもない距離なのだが、15分を要した。母と一緒に歩く姿を見て、世間で聞く老老介護の大変さを思いやるとともに、スローな時間の豊かさを感じた。老齢で足が不自由で数メートル歩く度に息をつぐ、お婆ちゃんだが、その度に色んな話をしてくれる。
お婆ちゃんと母の歩く速度に合わせているうちに、時間の流れが急速にシフトダウンしていくのを感じる。いつもはサラッと流れていくだけの風景が、クローズアップされ、見逃していた野花などが目に入って来出す。
時間と空間の豊かさは、ゆっくりと歩いたり、立ち止まったりする時に届けられてくることをあらためて実感!

11145206_10153648340095850_4205100832475942877_n.jpg
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3273-88f7e768

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫