北里大学医学生農業体験@TAO塾

 2015-09-13
小国町が進める農業農村体験教育。いつもは、北九州の中学生を受け入れているのだが、今回は大学生。
我が小国町が生んだ偉大なる医学者北里柴三郎博士が残した北里大学の医学部の学生さんたち。受け入れ農家を代表してスピーチ。菊池養生園診療所名誉園長の竹熊宜考医師の「医は食に、食は農に、農は自然に学べ」の言葉を紹介させて頂いた。
将来の医者の卵に、食農を通じて「いのち」の本質を垣間見てもらえる機会に少しでもなれたらと思う。
明日は草刈りに汗し、栗拾いでも楽しむか-•••!

北里大学その①

北里大学医学生 農業体験@TAO食育菜園
栗拾い〜からの〜栗喰らい!

北里大学その②

北里大学医学生 農業体験@TAO食育菜園
刈払機初体験!灼熱の太陽の下、大粒の汗をかき、クタクタになるまで草刈り作業をした後は 
冷たい水の気持ち良さ 温かい道の気持ち良さ を味わってもらう!

北里大学その③

北里大学医学生 農業体験@TAO食育菜園
専門の違いが生む豊かな議論が視点を拡げる!
北里大学の斎藤有紀子教授(法哲学)、辻尚利教授(寄生虫学)と歓談。
なんとお二人とも同い年とは不思議なご縁。TAO塾側も、それぞれ着眼点が書道、食養、医療人類学、建築学、紛争解決学・・・と違って面白い。スペシャリストとジェネラリスト、ミクロビオティックとマクロビオティック。エピキュリアンタオイストは複眼思考の波乗りサーファーなり!

北里大学その④

北里大学医学生農業体験@TAOのスライドショーを作りました!

医者の卵の農業体験ビデオ
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3263-5fe17bca

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫