マリーとのお別れ

 2015-09-12
突然ですが〜やまなみハイウエイでゲリラライブをすることに!Wow !

11041120_10153512780900850_4004058433833128208_n.jpg

「よしのや」へ行く。
•••••といっても、牛丼の吉野家ではない。
小国中学卓球部の後輩になる吉野正哉君が開業した「そば処よしのや」http://soba-yoshinoya.com/index.html
ホームページにも「牛丼はおいてありません」と書いてある。笑
実直な彼らしい、阿蘇で育てた蕎麦を使った手打ち蕎麦。心を込めてこねた蕎麦を『挽きたて』『打ちたて』『茹でたて』の 『三たて』で提供!
TAO塾研修生のMarieはグルテンフリー。十割蕎麦が食べれるということで大喜び!セットには日本の伝統食の定番、切り干し大根の煮付けとヒジキの煮物とご飯が付く。
美味しい手打ち蕎麦だけでなく、窓の向こうには小国富士と呼ばれる湧蓋山を含めた久住連峰の美しい眺めを堪能できる!

マリー蕎麦や

TAO塾で2ヶ月間研修生をしたマリー旅立ちの朝。最後のホッケー練習。そしてホストファミリーの北里治一さん洋子先生との別れ。
8月から彼女は、あのマーク•ジェイコブスやノーマン•ロックウェルなどを輩出したファッション分野で著名な世界3大アートスクールの一つパーソンズ美術学校へ進む。
息子達と、かの地での再会を約束!来たばかりの頃、朝起きが出来ず、食生活もメチャクチャ、日本語を学ぼうという気も、人のために働こうという姿勢もなかった彼女の数々のエピソードが走馬灯ようによみがえる。
日本食、日本語、縄文的世界観、東洋哲学、東洋医学、、、様々な日本文化に触れた彼女が将来どんな作品を生み出していくのか楽しみだ。

マリーお別れ

The Adventures of Marie
5月から2ヶ月間、TAO塾研修生としてステイしていたフランス人のマリーがいよいよ出立の日を迎えた。
絵本と書道セット、そして思い出の写真をスライドショーにしてプレゼント。懐かしい写真の数々に目頭が熱くなる。
苦楽を共にした仲間たち、ホッケーを一緒に楽しんだ我が家の息子たちと別れの乾杯!

マリーの冒険

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3220-758ca3d7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫