小国に新しいお店誕生

 2015-07-11
小国に新しいお店誕生】

TAO塾料理講師・北里洋子先生の料理教室アシスタントをしてくれていた高野みずほさんが地元小国でレストランを開業。
店名は、みずほさんが短期留学していた国にちなんで「Kalen」(スウェーデン語でシナモンを意味する)。北欧テイストの店内で軽食とドリンクが楽しめる。TAO塾卒業生でドイツに16年職人留学してマイスターを取得した佐藤太地君の美味しいパンも楽しめる。

経営は、観光カリスマの元小国町長・宮崎暢俊さんが社長を務める自然エネルギー発電会社のローカル・パワー。お店のマネジメントを娘さんの香さんが務めていると聞き、嬉しい再会!
なんと、彼女は私が大学時代に母校小国中学で教育実習をした時の生徒さん。文武両道の非常に賢い生徒で放課後卓球の練習をしたことを思い出した。

その後、JAICAでタイ・ラオスに長く赴任しトレーナーとしても活躍され、ご主人とともに故郷小国に数年前Uターンしたとのこと。30年ぶりの嬉しい再会となった!

途中、宮崎元町長とも合流し、しばし歓談。小水力発電への熱意なども聞かせてもらい益々ワクワク。
みずほさんと香さんのコンビなら、きっと人と人との出会いを生む小国の新たなコミュニティサロンになっていくことだろう!

みずほちゃんの店


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3214-d6bdb1bf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫