ナラティブ・メディエーション

 2015-07-11
熊本大学と早稲田大学紛争交渉研究所の共催の、ナラティブ・メディエーション(「語りに注目した調停技法」)講座に参加。セミナー創始者であるサンディエゴ州立大学のDr. Gerald Monk博士と奥様のDr.Stacey Sinclalr博士による体験型ワークショップを含んだセミナー。ナラティブ・メディエーションは、紛争解決・調停の一技法として注目され、特に医療紛争、家事紛争・家族葛藤に大きな効果があると言われている。プロセス志向心理学の創始者アーノルド•ミンデル直々のワークショップに続き、生ける創始者に出会え交流できるといのは本当にありがたいこと!


先日、TAOリトリートに宿泊いただいたメノナイトのカール博士ご夫妻といい一蓮托生のパートナーと一緒に講演、ワークショップ、セミナーをするというのは菩薩顔と閻魔顔、夫婦善哉、ボケとツッコミ、絶妙な陰陽の妙味があることを三たび感じさせていただいた!
隣席でワークをご一緒させていただいた熊大教育学部教授の上田理恵子先生から頂いた論文も面白い。自己体験的な医療紛争の貴重なレポート。

倉持ツアー
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3201-fe8afae1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫