2015年GW 素敵なガイドでディープな出雲を味わう

 2015-05-13
10年前、愛媛で開催された地域通貨の研究会でご縁のできた森永壽さんのアテンドで出雲半日ツアー。京大哲学科卒で宮本常一にも詳しい博学の森さんのガイドでディープな出雲歴史ツアーを満喫。出雲大社・稲佐の浜・稲田神社の参拝ほか、出西釜や食の杜などにも連れて行って頂く。深謝!

森さん出雲

以前、広島での講演に参加してくれた渡邉由紀子さんが出雲での講演に来てくれる。翌日、「先生をとっておきの場所にお連れしたい」と連絡あり。前日、やはり以前山口での講演に参加してくれたさんYさんも出雲での講演に来てくれたのだが、天野先生の料理教室で出会った二人は昨日「その場所」に言ったという。大学の卒論で古典の世界をテーマにしたという彼女は古事記・万葉ばかりでなく秀真伝・黒住教まで詳しく、興味深い解説とともに出雲大社より西へ15分ばかり海岸沿いを走った所にある「日御碕神社」に案内して持った。祭神は出雲大神の父神に当り、出雲大社の奥の院・親神として、また伊勢神宮は昼を、こちらは、夜を守る神との信仰があるとのこと。神の宮に素盞嗚尊(すさのおのみこと)、日沈宮に天照大御神(あまてらすおおみかみ)。近くにはなんと月読命ゆかりの地もある。アマテラス・スサノオ・ツクヨミの3柱神勢揃い?!古事記・秀真伝の解釈の違いも面白い。日御碕灯台の近くにある工芸店に立ち寄ると、なんとオーナーのお名前が「波多野」さん!ハタ族の話まで広がりしばし歓談ののちに、彼の作った素敵な作品を購入!特別にTAO’s café用にアレンジしてもらうことに。素敵なご縁を頂いた渡邊さんに深謝!

渡邊さん出雲
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3128-8083cad0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫