2015年ゴールデンウィークの連日宴 

 2015-05-13
GWの宴 その1《卓球同期会》

中学時代の熊本県内の元ライバル同士が集う同期会!県内で、違う学校の同級生が一同に介して旧交を温め合うなんて他のスポーツでも余り聴いたことがない。九州学院で活躍した清水君が経営するバーで嬉しい乾杯!
こんな会が実現できるのも、僕らの同期では、矢部の浜町中学がまるで漫画の「ドカベン」の明訓高校のようなダントツの強さを誇ったチームだったことによる。
熊本県チャンピョンの小西、パワードライブの原田欣弥、センス抜群の西村、表ソフトの原田浩一、カットマンの小田原、木べらの元田、それに、吉田、村上、稲田・・・と個性光るあらゆる種類の戦型を擁する布陣。
そして、「ドカベン」の白新の不知火、東海の雲竜、横浜の土門のように、南関北の堀川、甲佐の志戸岡、湖東の右田、託麻の相川、鏡の吉永、西原の岩崎、球磨の大岩、京稜の木原、西山の池内、桜山の村上、そして小国の波多野!・・・などが対決に挑むという構図だった。
当時、浜町中学が絶対の強さを誇ったことでかつてない合宿制の試合が企画された。熊本県内のベスト16を全員浜町中学にあつめて二日間で総当たり選をしてリアルランキングを決めようとした空前絶後の企画。私も、この試合で6位になったことが自信になり、その後の県中体連で個人・団体とも3位につながる原動力になった気がする。
この浜町卓球合宿の甲斐あって、僕らの同級のライバル達は50を過ぎた今でも時々酒を飲みかわし有意義な交流をしている。その後、転勤で長らくアメリカ生活をして帰国したもの、自己破産までしたものの会社を立派に再建したもの、鬱病・引き蘢りを経験したもの、今も現役の卓球監督で活躍しているもの・・・皆それぞれの人生を歩んでいる!卓球を通しての絆の深さをあらためて感じる宴だった。
写真は小西君が持参した二つのピンポン球。大きなボールが現在の公式戦ピン球、小さい方が僕らの時代のピン球。球が大きくなったことでラリーがテニス並に続くようになり今日の人気につながったと言われている。奇しくも時を同じくして今中国では世界卓球選手権が開催されている!ガンバレ日本!

11150990_10153331095365850_1546677172292165765_n.jpg

GWの宴 その2《ホッケー送別会》

小国中学ホッケー部で長らくご指導頂いていた石川先生の送別会@小国町開発センター
小国中学校で8年間ホッケー部監督をつとめて頂いたということで、お世話になった卒業生の保護者の皆さんに集まってもらった。リレースピーチでは、石川先生との様々なエピソードが披露され大いに盛り上がった。
今や、伝統の小国中卓球部は廃部となり、ホッケーの町に変貌した小国町!ゴールデンウィークには、小国中学校は島根遠征、小国高校は林間広場で小国カップの試合が開催される。

長男は小国高校3年、次男は小国中学3年、どちらも卒業をひかえた最終学年ながらキャプテンということで、目下の所、頭の中にはホッケーしかない!小学校の頃、世界各国からTAO塾ワークステイに来た外国人から学んだ英・独・仏・伊・西・中・韓・・・そしてヘブライ語の8ヶ国語で自己紹介したときには神童かと思った長男も、今や英語さえ興味なし。勉強時間ゼロ(苦笑)

まぁ、私も学生時代体育会系だったから偉いことは言えない。(笑)「知」の世界に目覚めるのは、人それぞれのタイミングがある!今は好きなホッケーで、精一杯、白球を追い続け、汗をかき、青春を謳歌して欲しい! 
病をよせつけない体力、自己肯定感みなぎる精神力、チームワークスキルを磨いて、人生を大いに遊べるエピキュリアンたれ!

11150892_10153331223330850_3474608881621423995_n.jpg
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/3124-cf82dd46

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫