TAO塾の講座に参加頂いた北里優心さんの経営する「手打そば優心」にてランチ会食

 2014-12-01
TAO塾の講座に参加頂いた北里優心さんの経営する「手打そば優心」にてランチ会食。蕎麦の打ち方は、蕎麦粉とつなぎの割合によって二八、九一、十割とあるが「優心」さんは9対1の「九一蕎麦」。加賀修平さんのこだわり椎茸を出汁に、石臼で挽いた蕎麦の手打ち麺。麺の堅さ、わさびの量などもオーダー出来るのも有難い。小国蕎麦街道のうち、原部さんの「宝処三昧」・穴見さんの「よしぶ」・樋口さんの「和の花」・佐藤さんの「沙羅」・武田さんの「おり庵」・そして北里さんの「優心」さんの6店舗が取り組んでいる小国産の「蕎麦」を使った蕎麦を出しているのが嬉しい。「身土不二」「地産地消」「土産土法」のアクションが少しずつ浸透していって欲しいものだ!
スクリーンショット biu
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/2964-3c7fb9b6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫