九州ツーリズム大学@小国・木魂館

 2014-11-09
九州ツーリズム大学@小国・木魂館
「医食農同源と懐かしい未来」というテーマで講演させて頂く。以前、木魂館長をされていた江藤訓重さん&熊大の徳野貞雄先生にご紹介頂いた和田芳治さんの「過疎を逆手にとる」発想転換に触発された「陰陽論」についてお話させて頂いた。その後、和田さんら「過疎さか」バンドとコラボ演奏を和水町の肥後民家村でさせて頂き、パーマカルチャーとの出会いにつながるのだから縁は異なもの味なもの!
講演後は、和歌山の農業法人株式会社秋津野の木村則夫さんの興味深い地産地消の取り組みを聞かせて頂き、小国の農家レストラン菜園の風にて河津円幸オーナーシェフの美味しい料理を堪能。久しぶりに再会した法政大学准教授の図司直也さんや、ツーリズム大学事務局長の江藤理一郎さんと「町づくり」についての忌憚ない議論できて有意義だった。
スクリーンショット 20u
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://taopot.blog82.fc2.com/tb.php/2905-09c757a7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫