【人の悲しみを我が悲しみとし、人の喜びを我が喜びにできる人たち】

 2016-11-27
【人の悲しみを我が悲しみとし、人の喜びを我が喜びにできる人たち】

言の葉アーチストの渡辺祥子さんから、著書「3.11からのことづけ〜災後を生きる人たちの言葉」とCD「Brilliant life〜いのちの輝き」を頂く。

ラジオFM北九州の吉岡和宏さんから、著書「本当にあったこんな会社 規則も命令も上司も規則もない!幸せを運ぶ会社おふくろさん弁当」が贈られてきた。

かつて、人生の大先輩から「人の悲しみを我が悲しみにすることは実は簡単で、そんな人は世の中にゴマンといるんだよ。でも、人の喜びを我が喜びとして喜べる人は本当に少ないんだよ。波多野さんのお祖母さんはその数少ない人の喜びを我が喜びとして喜ぶことのできた、自己肯定感、現状肯定感の高い人だったんだよ」と言われたことがあった。

渡辺祥子さんも、吉岡和宏さんも、きっと、その部類の人たちなのだろう!

祖母
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫