FC2ブログ

今日は福岡県篠栗町で菊芋料理教室

 2018-03-12
今日は福岡県篠栗町で菊芋料理教室

28576979_10156244893360850_2411890441655240844_n[1]


28870885_10156244893365850_585416440151961123_n[1]

28577196_10156244893370850_1382812208575268896_n[1]

あまり聞くイモではないけれど、身体に効くイモ

 2018-03-04
あまり聞くイモではないけれど、身体に効くイモ

2005年にTAO食育菜園が菊芋を育て始め、2009年に月刊誌アネモネや現代農業に菊芋についての記事を書いた。
あの頃は「あまり聞くイモではないけど、身体に効くイモ」という伝説のキャッチコピーを編み出し、各地でダジャレ炸裂させては座布団を頂戴していたが(笑)
•••あれから10年。
今や、テレビの健康番組にも何度も取り上げられ、地元小国郷は、菊芋の町おこしの先駆けとして全国的に知られるところとなった。
古代米、雑穀、マコモダケ、ヘンプ、、、懐かしい未来食のNative food食材は原始の生命力に満ちている。しかしながら、菊芋と言えども光と陰を共有しているので理を調べ、理を計って調理•料理しなければならない!

28471902_10156226138355850_6754062305242522020_n.jpg



北里洋子の菊芋料理教室@九州の食卓

 2018-02-28
北里洋子の菊芋料理教室@九州の食卓

今日は、九州産のオーガニックな食材や生産者、無添加の食品、それらの美味しい食べ方などを紹介する季刊誌「九州の食卓」さんが主催する「九食塾」にて菊芋を食材にした料理教室。

肥後大津駅からすぐのステキな古民家に到着。編集部厳選のホンモノ志向のナチュラルグッズを集めたセレクトショップ、スウェーデン製の暖炉のあるeat-inスペース、流木に吊るした食器が可愛いキッチン、、、と雑誌の世界観をそのまま体現したような心地よい空間。

代表の坂田圭介さんより、「九州の食卓」創刊号に洋子先生の食と農の取り組みを特集ページで掲載してくれた話などがあり、これからお料理教室のはじまりはじまり!

1_201802281110088f8.jpg

友産友消〜行き当たりバッチリ

 2017-11-26
友産友消〜行き当たりバッチリ

オールタナティブ教育WSで福岡のみやこ町へ。会場近くで"素"的な暮らしをしている友人の土居元•高藤麗子夫妻の自宅を訪ねリフォームお祝い!

彼らに北九州高専を中退した目の輝く青年•樋田隆佑君を紹介してもらうと、なんと9月の小樽講演に参加してくれた藤原ひろき君の同志とのこと!

彼もまた、ひろき君と同じ日本全国どこでも呼ばれた所に無料で出向いて無料で何でも手伝う「鉄砲玉」という活動をしている5人の1人と聞き、翌日の近畿大学での贈与経済の話のネタに使うことに。

その後、一緒に友人の後藤彰君宅を久しぶりに訪問。「友産友消」の品々を渡す。知性と感性のバランスが素晴らしい彼も新しいステージに入った模様

23621192_10155923156815850_429083604505067860_n.jpg

11月30日(木曜)夜 TAO塾料理教室 参加者募集!

 2017-11-11
11月30日(木曜)夜 TAO塾料理教室 参加者募集!

今回は、天然のインスリンとも呼ばれる「菊芋」の陰陽•明暗を理解して、その長所を引き出す知識と技術をお伝えするお料理教室です。

詳細はコチラ

料理教室

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫