道あるところに歴史あり

 2018-01-24
道あるところに歴史あり

町の歯医者さんと、一昨年地元小国町で17軒もの家を焼失させた大火事について暫く話をした直後に、偶然興味深い写真を見る機会を得た。
町の時計屋さんのところで、美味しいコーヒーを頂きながら地元郷土史をテキストに歓談。その話の中で目に入った古い白黒写真。
小国町の鎮守の杜、両神社の参道沿いにある一番街の様子なのだが、明治24年に起きた大火事の後復興した街並みの様子だという。藁葺き屋根の木造建築、火の手が一気に燃え広がり50軒の家が焼失したという。
小学〜中学時代、毎日歩いた通学路にそんな歴史が隠されていたとは知らなかった。この道も、計り知れない程の悲喜交交の物語が生まれては消えていったのだろうと思うとふと歩きたくなった。

26993759_10156100280510850_7635558544895789529_n.jpg

−7.4℃

 2018-01-23
−7.4℃

26733446_10156085712230850_5836900037988444823_n.jpg

地元小国の三世代同居グループで成人祝

 2018-01-23
地元小国の三世代同居グループで成人祝

最近では核家族化が進み、田舎町でも少なくなった三世代同居家族。
今から15年前に、地元小国で同級生の子どもを持つ三世代家族で作った「フィリアの会」で成人を祝う会。
一緒に山や海に遊び、子育ての苦楽を共に歩んで来た仲間たちとの50回以上の会食会も、子ども達の成人式を明日に控えて感慨ひとしお!

26112434_10156061755690850_9002986623851034337_n.jpg

後輩と師走の一杯

 2017-12-17
後輩と師走の一杯 

昨年に続き、地元役場で働く中学時代の一級後輩と師走に一年を締めくくる飲み会。
辻調そしてイタリアで修行したダイニングバー「ダンデライオン」のオーナーシェフの美味い料理を堪能しながら乾杯!
知的アンテナと行動力のある後輩の彼。子ども食堂でお世話になった森枝敏郎さんやTAO塾でワークステイをしていた高嶺翔太君等との接点もあり面白い。
小国中卓球部時代の地獄の練習、理不尽なシゴキ、全九州制覇の先輩達に学んだことなど懐かしい想い出話も。
今朝、窓を開けると一面銀世界!
雪降る道も自転車で通い、かじかむ手に息を吹きかけながらラケットを振っていたなぁ。阿蘇小国の寒さが卓球部を強くさせていたのかもしれない。

25299252_10156014631395850_7940788800558590522_n.jpg

多球練習

 2017-12-17
多球練習

25152127_10156005834110850_506969092333712082_n.jpg
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫