陰陽のメガネで解く四字熟語まんだら

 2017-11-05
陰陽のメガネで解く四字熟語まんだら

町の文化祭で書道展。
私が小学校の頃お習字を習った平島綾子先生の教室、卓球部の先輩になる河津勇次さんの教室、そしてTAO塾北里洋子先生の教室の合同展。
宮沢賢治やミヒャエル•エンデの言葉のほか、雑誌に連載中の「陰陽のメガネで解く 四字熟語まんだら」の作品も展示。
「五臓六腑」「肝胆相照」「臍下丹田」「望聞問切」「頭寒足熱」「春夏秋冬」「土用丑日」「七不思議」「小国寡民」•••••
含蓄のある不思議な言葉「四字熟語」。簡潔な表現の中にも、人情の機微を巧みに表し、鋭く社会や世相を風刺し、深淵なる「座右の銘」として人生の指針にもなるたった4文字の漢字。その字面の美しさ、格調高き歯切れ良さは、古人の智慧の結晶と言ってよいだろう。
東洋哲学・東洋医学の叡智を凝縮した四字熟語を、時に真面目に時に御馬鹿に、陰と陽の魔法のメガネで解読し、健康と幸福の端緒をT楽しくA明るくO面白く探っていく。

23244199_10155895444745850_725276183922392642_n.jpg

南北小国町ウッドデザインW受賞

 2017-11-05
南北小国町ウッドデザインW受賞

先月、「目からウロコの複眼思考」の講演をさせて頂いた小国町森林組合がウッドデザイン2017を受賞して喜んでいたら、南小国町の穴井木材が手がけるインテリアライフスタイルブランド「FIL」も受賞!
なんと小国郷でW受賞という快挙!
世界に発信したいという思いを受けて、穴井木材の「FIL」「foreque」のホームページの英語バージョン創りを、TAO塾が担当させて頂いたので喜びもひとしお!
林業の低迷が叫ばれる中、センスとアイデアで新たなニーズを開拓する事ができる可能性が見えてきそうだ!

23031368_10155891569270850_2494763047448299022_n.jpg

届くかな 親子三代 民の声

 2017-10-29
届くかな 親子三代 民の声

オーストラリアから帰国した長男(19歳)と母(80歳)と3人(皆寅年生まれの三虎同堂!)で不在者投票。
秋なのに 春の訪れ? ウグイス嬢

22555030_10155852720055850_6391889623157410671_n.jpg

猿が出た!

 2017-10-29
猿が出た!

朝卓球練習をしていると小国警察署から電話!
何ごとかと思ったら、「お宅の家付近で猿が出現しました。お宅のお二階のトイレの窓が開いていて、そこから中に入った恐れもあります。窓を閉めに帰って下さい!猿は凶暴ですのでお気をつけて」とのこと。
なにぃ〜?凶暴と言われても•••
老人会の旅行中の母からもすぐに電話がかかり「今警察から電話があった。サルが!サルが!サルが〜」
サルがサルが•••と言われても•••
仕方なく急遽帰宅して、ウィドブレーカーで身を包み、息子のホッケースティックを握りしめて、恐々二階のトイレに•••
ドアを開けると•••出たぁ!!!
あとだったのかも〜ほっ 朝からひと騒動
小国町の皆さん、気をつけて!
猿が出た 電話下さる さるお方
サルベージなし 犬猿の仲?

22528088_10155850072055850_8703003526310215624_n.jpg

父の命日に

 2017-09-18
父の命日に

今日は9月9日重陽の節句。
1999年9月9日、昭和9年生まれの父が旅立った日。小林正観さんが我が家を訪ねてくれた思い出の日でもある。
太平洋を登る朝日を眺めながら、祖母の死、そして父の死から今日までの不思議な不思議な時の流れを思う。

動画
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫