ファストファッションの構造的暴力

 2015-12-21
熊本市のフェアトレードショップ「LOVE LAND」オーナーの明石祥子さんとファストファッションの裏側についてのドキュメンタリー映画「ザ・トゥルーコスト」の試写会を観る。

2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカで8階建ての違法商業ビルで縫製工場などが入居するビルが崩壊し、1,100人以上が犠牲となった大惨事が起きた。日本では殆ど報道されなかったこの事故の裏側には、表向き華やかなファッション業界の血塗られた悲劇があった。

ZARA、Gap、H&M、UNIQLO、forever21〜ファストファッションの大手ブランド向けの衣服は、発展途上国の人々の人権や環境を犠牲の上になりたっている事実が隠されている。

モンサント社が開発したbtコットンという、虫がつかないように遺伝子組み換えされた綿の普及により、多額の借金を抱えたインドの農民の自殺率が年々増加し、今や30秒に1人とのこと。

2005年5月に祥子さんのご紹介でお会いしたフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニー氏ほか、今ファッション界でオーガニックな風を起こしているポール・マッカートニーの娘ステラ・マッカートニー、「英国王のスピーチ」で知られる俳優コリン・ファースの妻リヴィア・ファースや、環境哲学者で“もうひとつのノーベル賞”とも称される「ライト・ライブ リフッド賞」を受賞したヴァンダナ・シヴァなどの興味深いインタビューも収録。 

現代社会の医・食・農も衣・食・住も「構造的暴力」の中にある。社会の変容には、システムの変革と共に、日々の買物は「投票」であり、我々は被害者でもあると同時に加害者でもあるという自覚が何より必要だ。

派手なハリウッド映画もいいけれど、熊本の地でこのようなドキュメンタリー映画の上映が計画されていることを嬉しく思う。

トゥルーコスト

ナラティブ・メディエーション

 2015-07-11
熊本大学と早稲田大学紛争交渉研究所の共催の、ナラティブ・メディエーション(「語りに注目した調停技法」)講座に参加。セミナー創始者であるサンディエゴ州立大学のDr. Gerald Monk博士と奥様のDr.Stacey Sinclalr博士による体験型ワークショップを含んだセミナー。ナラティブ・メディエーションは、紛争解決・調停の一技法として注目され、特に医療紛争、家事紛争・家族葛藤に大きな効果があると言われている。プロセス志向心理学の創始者アーノルド•ミンデル直々のワークショップに続き、生ける創始者に出会え交流できるといのは本当にありがたいこと!


先日、TAOリトリートに宿泊いただいたメノナイトのカール博士ご夫妻といい一蓮托生のパートナーと一緒に講演、ワークショップ、セミナーをするというのは菩薩顔と閻魔顔、夫婦善哉、ボケとツッコミ、絶妙な陰陽の妙味があることを三たび感じさせていただいた!
隣席でワークをご一緒させていただいた熊大教育学部教授の上田理恵子先生から頂いた論文も面白い。自己体験的な医療紛争の貴重なレポート。

倉持ツアー

紛争平和構築の現場を訪ねるの巻

 2015-05-13
【紛争平和構築の現場を訪ねるの巻】

国連大学でWS→Kushi Institute Japanで歓談→小島国際弁護士事務所で会談→靖国神社で合掌

「地球に対する戦争」は、私たちの精神の中で始まるものです。暴力的な思考から、暴力的な行為が形成されるのです。暴力的なカテゴリーを考え出すから、暴力の道具が作られるのです。産業化された農業・食糧・生産が依拠している「メタファー(隠喩)」や「メソッド(方法)」ほど、このことをハッキリ示してものはありません。戦時下において、人々を殺す毒や爆発物を生産する工場は、戦争が終わると、農薬工場に変身するのです。


私たちは金持ちになればなるほど、エコロジーと文化の面ではますます貧しくなって行きます。マネーで測られる豊かさの成長は、物質的・文化的・環境的・精神的なレベルにおける貧困の増大を招くものです。生活をつなぐ、ほんとうの通貨とは、生きることそのものです。」(ヴァンダナ・シヴァ)

紛争解決


嬉しい出会い@国連大学

 2015-05-13
【嬉しい出会い@国連大学】

国連大学に取材に来られていたNHKのディレクターの方から「早川の友人の波多野さんですか?」と声をかけられる。学生時代の親友・早川雅映と東大見田ゼミで一緒だったという。その後、Native Foodsの天野朋子さんと三人でランチ会食。学生時代同棲していた同性3人(笑)。私と早川ともう一人は鎌田陽司。彼が企画したヘレナ・ノーバーグ・ホッジ氏の「懐かしい未来」のビデオはKさんの尽力大。食事をしながらエコビレッジ運動の持つ光と陰について興味深い議論ができた。

私の発表に対して一番に質問とコメントを寄せてくれたルーマニア人医学博士が私の「黄帝内経」の医療観にとても興味を持ってくれ珈琲ブレイクにも話しが弾んだ。私が以前対談させて頂いた帯津良一医師やアンドルー・ワイル氏などともご縁があるそうだ。ホメオパシーや温泉の医学的効果などの論文も書いており資料を送ってくれることになった。小国郷の温泉にも是非来たいと言う。面白いコラボが生まれるかもしない。

「近代の知のシステムは、専門分化主義ですから、あちこちに「立入禁止」の札が立っています。「それは○○学のテーマではないよ。そういうことをやりたいのなら、他に行きなさい。」「××学の専門家でもない人間が余計な口出しをするな。」等々。学問の立入禁止の立て札が至る所に立てられている。しかし、この立入禁止の立て札の前で止まってしまうと、現代社会の大切な問題たちは、解けないのです。そのために、ほんとうに大切な問題、自分にとって、あるいは現在の人類にとって、切実にアクチュアルな問題をどこまでも追求しようとする人間は、やむにやまれず境界を突破するのです。」(見田宗介)

「懐かしい未来」の著者ヘレナ・ノーバーグ・ホッジへのインタビュー記事はコチラ!
http://www.taocomm.net/helena1.pdf

国連出会い

2015 GW 国連大学の巻

 2015-05-13
2015 GW 国連大学の巻

UNU-IAS / Kumamoto University Second Joint Workshop on Finding Future Visions for a Sustainable World: Dialogues Methodologies for Social Change May 6-8

前ユネスコ、米国AUSN大学教授のダリル・メーサー博士と、国連大学のジョセ・オリベイラ博士による貴重講演に続き、我らが熊本大学の石原明子先生!

京都大学大学院で文学修士、カリフォルニア大学バークレーで公衆衛生学修士、そしてイースタンメノナイト大学大学院で修復的正義・開発学を修了したcool head とwarm heartを併せ持つ日本の紛争解決平和構築学の新進気鋭の研究者!
2013年に続き熊本大学と国連大学が連携企画を主宰。その先見性と洞察力は広く深い。そして昨日は水俣、今日は福島、明日はアフリカへと「紛争変容」に飛び回る心ある行動する学者だ!

「対立や紛争は、もしかしたらその他者と最も深い関係を結ぶきっかけになるかもしれません。また、私たちは他者と出会って、自分が何者かを深く知るチャンスをもらいます。相手を好きだ、嫌いだと感じるということは、そう感じる自分と深く出会うチャンスでもあります。また、対立は、それまで関係性や組織・地域で潜在的に抱えてきた問題が表に顔を出すチャンス、つまり、関係性や組織や地域をよりよくするチャンスかもしれないということです。」(石原明子)

国連で学会
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫