絶景!ミヤマキリシマと雲海に浮かぶ寝観音

 2017-06-17
絶景!ミヤマキリシマと雲海に浮かぶ寝観音


九重連峰猟師岳登頂!

雲海の柔らかい羽布団に寝る観音様に

美しい花をそえたような景色。

ミヤマキリシマと雲海に浮かぶ阿蘇五岳の寝観音。

なんとも言えぬ絶景なり!

雲海に 浮かぶ五岳に 花添えて

19059395_10155432875545850_1900986084957372830_n.jpg



【天上の名花 オオヤマレンゲに逢いにいく】

 2017-06-17
【天上の名花 オオヤマレンゲに逢いにいく】

小国郷の三大魔女の1人•キリコさんと一緒に、天上の名花と呼ばれるオオヤマレンゲを見に久住へ向かう。

昭和3年には既に天然記念物に指定され、今や絶滅危惧種に認定されている希少植物だ。

ハスの花(蓮華)に似た白い花。白いふっくらとしたつぼみはまるで如意宝珠のよう。

如意宝珠 オオヤマレンゲの 白つぼみ

19105763_10155432268065850_7664207502087853283_n.jpg
19029171_10155432268085850_4248679661092800645_n.jpg
19029555_10155432268080850_6120883912819895442_n.jpg
19145964_10155432268075850_3923084951141992752_n.jpg
19059391_10155432268150850_231523856317664819_n.jpg


タグ :

【無何有郷 どこもかしこも 山の幸】

 2017-06-10
【無何有郷 どこもかしこも 山の幸】

雪の下🌼
花ウド🌼
庭セキショウ🌼
ドクダミ🌼

らの花を愛で

ポポを植える

18881827_10155414137710850_6372140039596664434_n.jpg
18881844_10155414137625850_5333313447772026180_n.jpg
18893230_10155414137630850_4706228008488159622_n.jpg
18893230_10155414137630850_4706228008488159622_n.jpg
18952598_10155414137615850_5055324925123798227_n.jpg

【朴木に オヤジとセガレを 重ねつつ】

 2017-06-10
【朴木に オヤジとセガレを 重ねつつ】

道後温泉近くにある松山ユースホステルのペアレント(オーナー)の平野さんが急に私の顔を見つめて

「波多野さん、真民さんに会えるなぁ。」と言う。

詩人として名高い坂村真民さんのことだった。

「えっ、本当なら是非お会いしたい」と言うと、「真民さんの自宅を訪ねるといい。住所を教える!真民さんには私から連絡を入れておく。今すぐ行ったがいい。深夜、重信川で祈りをするために夕方四時には床につく方なので。」

突然の話に半信半疑だったものの、千載一遇のチャンスと思い。自宅を訪ねた。

「たんぽぽ堂」と称するご自宅で、ちょうど条幅紙に書をしたためておられるところだった。しかも、1986年私が祖母を亡くした時に出逢った「二度とない人生だから」という真民さんの名詩!

感激して、祖母の死がきっかけで真民さんや坂田道信さんに出逢ったことなどを話す。同郷出身ということで喜んで頂き、帰りには「念ずれば花開く」の色紙をプレゼントして頂いた。

今、真民さんがこよなく愛した「朴木」が、TAO食育菜園で8枚の葉っぱをひろげて陽の光を浴びている。

これから、天に向かって伸びていき大木になる。白い大輪の花は匂いがバニラのよう。

18920287_10155401275115850_3226290920251386722_n.jpg

【 縁日や 真珠の花も 咲き揃い】

 2017-06-05
【 縁日や 真珠の花も 咲き揃い】

小国町上田の永江観音に参拝。
学生時代奨学金を頂いていた故•永江一郎さんの慰霊に合掌。永江不動産を創業し、実業界で活躍した後、晩年は故郷小国で過ごされた。時々ご挨拶に行くと、人生の岐路に立った時にいつも「観音様」が現れて進む道を指し示してくれたという不思議な話をよく聞かせてくれた。黒川温泉の後藤哲也さん同様、実体験に基づく人生訓を色々教えて頂いた。

その後、長男が小国高校でお世話になっていた西田直美先生宅で美しいマーガレットのガーデンを見ながら美味しい紅茶を頂く。専門の英語の話のほか、小国町の教育、商工観光、精神風土などについて話を聞く。外国生活で培われた歯に衣着せぬ率直な物言いが実に清々しい。私も「森の生活」の宝島版や山本七平の「空気の研究」の話などをする。

「むき出しの、率直な言葉で書かれた手紙が好きだ。そこには、もったいぶった言い方がほとんどない。」(ヘンリー•D•ソロー)

18485677_10155351536380850_328958327912389218_n.jpg
18527860_10155351536385850_8875304135356250716_n.jpg


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫