結い村 えこわいずにてW講演

 2017-04-07
【結い村 えこわいずにてW講演】

この3月に移転・グランドオープンした「結い村 えこわいず」にて、TAO塾波多野さんとのW講演。テーマは、「こだわりつつも・とらわれない」食や健康についてこだわるのは大切だけれども、とらわれすぎることの危険性について、4月からの「ホリスティック食養カレッジ〜」設立の意義もふまえながら、お話しさせていただきました。

移転して新しくなった「結い村・えこわいず」。周囲の光景と違和感なく佇むバックミンスターフラーの大ドームの1階には、広々としたお野菜やオーガニック食材の売り場。2階にはギャラリーやカフェ。小ドームには天然酵母パンの「こむぎ日和」。

同じ敷地内に住むスタッフご家族の素敵な新居にお招きいただき、美味しいパスタをご馳走になったり美味しいワインで夜遅くまで話し込んだり。有意義な楽しい1日になりました。

17499452_1271945372854679_8059831065608091245_n.jpg

TAO塾 東洋医哲連続講座2017スタート!

 2017-04-06
TAO塾 東洋医哲連続講座2017スタート!】

熊本市中央区大江のNative Foodsにて、TAO波多野毅さんによる東洋医哲連続講座がスタートしました。
ものごとに、「食」や「健康」にさえも、”こだわりつつもとらわれず”、善悪二元論を超えて全てを受け入れることによって人生を本当に自由で楽しいものにする!そんな生き方のヒントが満載の全8回講座の1回目のテーマは「複眼思考のすすめ〜見方が変われば世界が変わる」。

奥深い東洋哲学&東洋医学の叡智を軽妙な話術にのせて語る波多野さんの東洋医哲講座、今回もあっという間の2時間で、参加者の方々から「もっとたくさん聞きたかった!」という感想がたくさん寄せられました。
なんと史上最年少の中学2年生の参加者(全講座参加したい!と自ら希望して)もいて、また次回の講座もとても楽しみです。

⭕️ 波多野毅の東洋医哲連続講座in熊本 
  第二回 陰陽の魔法のメガネn4月28日19時-21時
  お問い合わせ・お申し込み taojuku@gmail.com

〜 参加者の皆さんの感想より抜粋〜

「哲学的な内容でありながら科学的で大変楽しく面白く聞けました」

「陰陽で世の中を見るとどうなるのか、とてもワクワクしました!」

「東洋医哲というのでもっと難しい話かと思いましたが、ひとつひとつがとても分かり易かったです」

「あっという間の時間でした!世の中にはいろいろなものの見方考え方があって、不思議で面白いこの世界に生まれた事にワクワクです。」

「思いつきで参加しましたが、今の自分にぴったりの内容で、『すべてOK!』と言われているように感じ、心が満たされました。」

「先生の学びを通じて、ものの見方考え方が変わっていけるのではないかと希望が見えました。現在・今・present ...深い話でとても感動しました」

「波多野先生のお話もっともっと聞きたくなりました!陰陽論や五行にとても興味があるので、今後の講座も楽しみです」

17264234_1266815606700989_1404364123305944264_n.jpg

大野勝彦さんと嬉しいコラボ講演

 2017-04-06
【明日、大野勝彦さんと嬉しいコラボ講演】

 7年前に私が姉と慕う日笠敏美さん(故デジャーデンゆかりの従姉)と、フリーアナウンサーで朗読家として活躍する渡辺祥子さんと一緒に大野勝彦美術館を訪ねた時の写真。大野先生と一緒に色々馬鹿をして愉しんだ思い出が蘇る。
 その時、いつかこの「人生の達人」と一緒に何か面白いことができたらなぁ〜と思っていたのが、はからずしてクロレラ工業株式会社さんのお声かけで、思いがけず明日大野先生と一緒にコラボ講演をさせて頂くご縁を頂いた。
 農作業中に不慮の事故で両腕を失いながらも、不屈の精神力と家族. 友人の愛情に支えられながら復活し.豊かな人生を送っている大野勝彦先生。

 友人の紹介で大野先生の「やまびこ塾」を訪ねたのが、今から15年前。先生の話を陰陽のメガネで聞いていく中、まさに「陰転じて陽」のその生き様に感動した記憶がある。数年前、格闘家の角田信朗さんファミリーと一緒に訪ねた時も「やぁ!角田さん」といつものように笑顔で義手を外して握手。「波多野さん、玄海竜二に学びなさい」と片岡演劇劇場に連日連れて行って頂いたこともあった。
 縁は異なもの味なもの・・・不思議な不思議な「えにし」に感謝!

16938580_10155074839470850_8215319232980729195_n.jpg


【嬉しい!悔しい?人生の達人からのプレゼント】

阿蘇グランビオホテルでの私の講演が終わったところで、大野勝彦先生から手書きの色紙を頂く。なんと、講演の感想と絵をさらっと描いてくれていた。
思わぬサプライズプレゼントはとても嬉しかったが、この「人生の達人」の半端ない人を喜ばす力に、自分はまだまだ足元にも及ばないなと悔しさも実感。
まぁ〜よし。フローエピキュリアンとして、自分なりの、身の丈の小さな贈り物を送り続けるとしよう。

16938629_10155084800960850_8213609139466988176_n.jpg
16999076_10155084800955850_7770515948691249846_n.jpg
17021797_10155084800965850_4133806774167698283_n.jpg

シンポジウムの語源は"To drink together"なり

 2017-04-06
【シンポジウムの語源は"To drink together"なり】

明日の「資源循環型社会をめざして!もったいなか講演会シンポジウム」@やつしろハーモニーホールを前に、主催者の「次世代のためにがんばろ会」のスタッフ、パネリストの皆さんと一緒に会食。

熊本学園大の宮北隆志先生が水俣学を掘り下げるディープな情報、崇城大の宮坂均先生とは諏訪の真澄と熊本の香露の酵母菌話、次世代の会の内田英雄さんがキエーロ〜もったいない箱エピソード、同い年の八代市役所廃棄物対策課の谷口徹さんとは、なぜかラグビー&ホッケー話に盛り上がる。

圧巻は明日、メイン講演をされる吉田俊道先生。福岡での食育講演以来の再会。隣席ということで、「母を訪ねて三千里」から幼児教育、菊芋&空芯菜からアナスタシアまで共感すること多し。いや〜老子的に超エゴなエピキュリアンはエコでエロで面白い!

おっと気がつけばお開きの時間。あっと言う間で女性陣と話す時間が取れなかった。しかし、熊本温暖化対策センターで理事をご一緒した主催の松浦ゆかりさんといい、明日コーディネイターをされる熊大の宮瀬美津子先生といい熊本の女神の編集力こそ「アワ」性の至りかな・・・。

16114374_10154966261750850_3333199478478955541_n.jpg
16114471_10154966261985850_5015725335788551350_n.jpg

熊本地震から1年・復興チャリティーセミナー

 2017-04-06
「熊本地震から1年・復興チャリティーセミナー」

◯日時…4月16日(日)17時〜19時30分

○会場…山王オーディアム
http://www.sannoaudium.com/access.html
(住所・大田区山王1-14-7)


・17時〜第1部:セミナー(45分)…熊本地震〜食と災害弱者

講師・一般社団法人TAO塾代表 波多野毅(はたのたけし)さん。
1962年生まれ。 熊本大学大学院卒。祖母の死がきっ かけで東洋哲学と東洋医学を研鑽。鍼灸と食養の資格を取得後、 アメリカ留学。欧州無銭旅行の後 1994 年、生まれ故郷の阿蘇に TAO 塾創立。講演、執筆のほか リトリート施設を運営。著書に 「東洋医学の哲学人生を変えるヒ ント」「医食農同源の論理」「自 遊人の羅針盤」等。

一般社団法人TAO塾
https://taojuku.jimdo.com


・17時45分〜休憩(15分)…TAOオリジナル商品の試食とローリングストックについての話しを聞きながらの休憩
担当・すみれ会代表 坪尻みつこ


・18時〜第2部:セミナー(45分)…被災地支援活動と児童の貧困

講師・公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン 代表 今井悠介さん。


チャンス・フォー・チルドレンさんは、「震災による家庭の経済格差による子どもの教育格差を解消し、貧困の世代間連鎖を断ち切る」ということを目的に活動されています。具体的には、個人や企業からの寄付金を学習クーポンという形に変えて、意欲のある子どもの放課後学習(塾など)に必ず届くしくみを作って運用。勉強したくてもできない…そんな子ども達への直接支援です。学生時代に被災した阪神淡路大震の経験から、この活動に至った代表の今井さん。寄付はもちろん、しくみが世の中に拡がるように、スタッフの方々が全国をまわって講演をされています。

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン
https://cfc.or.jp/about/


・18時45分〜19時15分…軽食をいただきながらの交流会

・19時15分…閉会の辞

◯軽食…心も体もあたたまる鶏雑炊
(飲み物は、各自持参)

◯参加費・大人…3000円

○申し込み締切日・4月14日(金)まで。
食材手配の都合上、必ず参加申し込みをお願いいたします。
尚、14日を過ぎてのキャンセルは、キャンセル料として全額お支払いいただきますことをご了承願います。
(そのような場合は、今回は目的がチャリティーですので、後で寄付金額のご報告をさせていただきます。)

◯主催…直接復興支援の会 すみれ会 代表 坪尻みつこ
(http://sumirekai-yasawa.blogspot.jp/p/blog-page_22.html?m=1)
(活動を休止していましたが、今年から活動を再開することにいたしました。)

◯申込み・問い合わせ先…すみれ会 代表 坪尻みつこ
メール・room.mikko@gmail.com
携帯・08034293466
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫