何もないということの素晴らしさ

 2018-02-14
何もないということの素晴らしさ

昨日は、宮古中央公民館で「複眼思考」についての講座をさせてもらった後、日本最南端の神社•宮古神社を訪ねた。
社殿を見上げると波、花、風をあしらった模様に加えなんと琉球王朝尚家の御紋左三つ巴。ちなみに我が家の家紋は巴くずしの洲浜紋。
神社から、石畳の道を降りると宮古島で最も格式があると言われる「漲水御嶽(ハリミズウタキ)」。通常、御嶽は男性や観光客の立ち入りは禁止だがここはOK。しかも、御嶽に鳥居がある。琉球処分以降の「皇民化政策」の結果に他ならない。沖縄本島では戦後、鳥居が撤去された御嶽も多いが、宮古八重山地方の御嶽の多くは戦後も鳥居が残されているらしい。
「私を最も感動させたものは、意外にも、まったく何の実体も持っていないといって差支えない、御嶽だった。御嶽、つまり神の降る聖所である。この神聖な地域は、礼拝所も建っていなければ、神体も偶像も何もない。森の中のちょっとした、何でもない空地。そこに、うっかりすると見過してしまう粗末な小さい四角の切石が置いてあるだけ。その何にもないということの素晴らしさに私は驚嘆した」(岡本太郎 沖縄文化論)

27750475_10156183395270850_8229109933792182250_n.jpg

橋を端から端まで走る巻 その2 宮古島〜来間島

 2018-02-14
橋を端から端まで走る巻 その2 宮古島〜来間島

次は、飛ぶか?潜るかな⁉︎

無題

動画はこちら

はなすことは、つながること

 2018-02-12
はなすことは、つながること

昨夜は、身体(身)と言葉(口)気持(意)が一致していた『縄文』のスピリットに学び、重い「思い」を、話して「離す」サークルプロセスの会をする。

「ふと」思うことのシェアから始まり、親離れ•子離れをテーマにした話に。

最後に、ジョン•レノンが愛したレバノンの詩人ハリール•ジブラーンの本の一節(神谷美智子訳)を紹介する。(この詩が載っている『預言者』はヒッピーから美智子皇后まで、谷川俊太郎からマイケルジャクソンまでが愛読)

「子供について」

あなたの子供は、あなたの子供ではない。

彼らは、人生そのものの息子であり、娘である。

27750098_10156170557485850_7359774953044619398_n.jpg

ディープスポット@宮古島

 2018-02-12
ディープスポット@宮古島

宮古島のディープスポット探訪。
リサイクルショップ「ぽぷら 」。
何でもありの空気感と、シュールでアンニュイな⁈
商品ポップがなんとも•••
「プレハブ付き原野貸します」
「何があるかわからない楽しさ」
「大きな倉庫あります。荷物預かります」
「タンス400円〜ボンビーガールで紹介」
「壊れた金庫1000円〜台風対策オモシに」
「鉄の台300円〜売れるまで安くします」
「古い戸300円〜利用は貴方の知恵で」
•••すごか!

27658038_10156169470425850_2972589496105854927_n.jpg

橋を端から端まで走るの巻

 2018-02-12
橋を端から端まで走るの巻

全長3540メートル、通行料金を徴収しない橋としては日本最長の、宮古島〜伊良部島を結ぶ伊良部大橋。両サイドがエメラルドグリーンの海は美しく輝くも、強風に煽られバッテバテ〜

27541100_10156167847930850_2597296477215395571_n.jpg
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫