【自転車で50km、ネットで6000km 孫から元気をもらう母】

 2016-11-27
【自転車で50km、ネットで6000km 孫から元気をもらう母】

母が裏山から滑り落ちて、側頭部12針、脊椎横突起骨折3本で入院して2週間。

先週末、心配した次男•遊然(ゆうぜん)が合志町の学生寮から小国まで50キロの道のりをロードバイクで帰宅してお見舞い。

合わせて長男•澄悦(ちょうえつ)がワーホリ中のオーストラリアからFaceTime。南半球から北半球、赤道超えて6000kmの距離もネットでテレビ電話していると距離感が全く感じられなくなる。

昔、私が世界放浪中はインターネットがなく、日本へのコレクトコールも値段が高くて、オペレーターが繋ぐ合間を縫って「元気!元気!大丈夫!」と叫んで無料伝言していた頃とは大違い。無料で話せる時代に母もビックリ。

表大なれば裏大。デジタルの影の部分も注意を払いつつ、文明の利器も全否定することなく活用していきたい。
陰転じて陽、陰極まって陽、10年前から我が家の壁に掛けられた星野富弘の詩が胸に響く今日この頃。

ゆうぜん


【身をもって味わう失敗】

 2016-11-21
【身をもって味わう失敗】

帰省中の次男•遊然(高1)夏休み最後の夜を、産山村の「うぶやま牧場」で開催のフリマ&コンサートで過ごす。

産山のスーパー県庁ウーマン村崎美由紀さんが産山のキーパーソンやらオモロイ人間やらを次々と紹介してくれる。

倫理法人会でお世話になった阿蘇動物病院の小嶋維男先生や県の旨味伝承プログラムでご一緒した削りぶしの山一の林豊子ご夫妻ほか嬉しい再会も続く。
そして、ツルノリヒロ氏のコンサート。

バイオリンの音色が阿蘇の草原をまるで泳いでいるかのように響きわたり心地よい。

しかしながら、このなんとも穏やかで緩やかな時間の前に大きなハプニングがあった。

最近、漫画「弱虫ペダル」に感化された次男は、中学時代field hockeyにかけたエネルギーの行き先をroad bikeに見出した。来夏は友達と一緒に四国への自転車旅の夢を膨らましている。

しかしながら「産山くらい自転車でヒョヒョイと行くけん」と言って家を飛び出したものの、大きく道を間違え、スマホのバッテリーも無くなり連絡不通の大ドジかました。

阿蘇の草原に人影なし。ようやく辿り着いた工事現場の人に携帯を借りて電話して来たときには走行距離30kmを越える始末。思いもかけぬ特訓になったよう。

「地図の事前確認、携帯フル充電、水筒二本持参は超大事だわ はぁ〜」と喉が渇きクタクタになってつぶやく次男!

ははは!身をもっての失敗が1番の勉強なり!

14446234_10154578145880850_5897376591618731096_n.jpg

息子らを 育ててくれたグラウンド 草刈り 汗かき 恩返し】

 2016-09-16
【息子らを 育ててくれたグラウンド 草刈り 汗かき 恩返し】

早朝6時から、地元小国町の林間広場ホッケー場にてホッケー協会員、保護者、OB総出で、今日明日開催される全九州中学ホッケー大会出場のための草刈り作業。
昨年まで長男が小国高校、次男が小国中学でホッケー三昧だったが今年二人とも卒業して故郷を離れた新生活。ホッケー関係者とも久しぶりの再会。
しかし、伝え聞きが広がってるのか多くの人から「澄悦君オーストラリアでもホッケーチームに入ったらしいですね」と声をかけられる。
日本でマイナーなスポーツ•フィールドホッケーも世界チャンピョンの国オーストラリアではとても盛ん。スティックがあればすぐに友達になれる!
息子らを 育ててくれたグラウンド
草刈り 汗かき 恩返し
よか汗かいて リトリートにリラックスに行こう

草刈り

【エピキュリアン 色とりどりの 炎天下】

 2016-09-16
【エピキュリアン 色とりどりの 炎天下】

久住自然路散策。
次男とドブ掃除。
道案内看板作り。
満願寺で川遊び。
母とタデ原湿原。

母と息子と



【天国と地獄】

 2016-09-16
【天国と地獄】

黒岩山(1503m)から見下ろし、久住•阿蘇の雄大な風景を満喫。
その後、寒の地獄温泉へ。
13℃の強烈な冷たさに寒いというより痛い!
冷泉と暖房室を交互に行き交う冷温浴。
湯上りは内側からエネルギーが満ちてくる原始力体感!

ゆうぜん登山
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫