FC2ブログ

良書紹介「ひとのこころとからだ いのちを呼びさますもの」(稲葉俊郎著)

 2019-02-22
【良書紹介「ひとのこころとからだ いのちを呼びさますもの」(稲葉俊郎著)】

 東大病院の循環器内科の現役医師・稲葉俊郎さんから本が届く。題して「ひとのこころとからだ いのちを呼びさますもの」(アノニマ・スタジオ)」

阿蘇の山の中に住む私も、昨年くらいからそのお名前を耳にするようになってきた今注目の医師だが、実は私はまだお会いしたことはない。東京のマツオ十字堂薬局さんとのご縁で知り合った漢方薬剤師の西川あやかさんが、稲葉先生主催の勉強会に参加していて、稲葉先生の「第三の大学つくりと医食芸術のつながり」と私の「平和構築学、医食農同源の考え」に共通の視点を感じたということで先生に紹介してくれて、著書同封のお手紙を頂いたのだった。

 博識広聞にして洞察力の深さに感服。西洋医学のフィールドに足場を置きながらも、伝統医療や芸術にも広く深い見識があり、軽やかな実践躬行の人となりが伝わってくる。世阿弥からミヒャエル・エンデまで古今東西の慧眼を持つ人々の言葉の配置も実に秀逸。

「西洋医学と東洋医学」、「部分と全体」、「植物性臓器と動物性臓器」、「覚醒と睡眠」、「月と太陽」、「レム睡眠とノンレム睡眠」、「自然と生命」、「意識と無意識」、「言語とイメージ」、「医学と医術」、「表層意識と深層意識」、「外的行為と内的世界」・・・の相互関係をわかりやすく描写している。

 先日、マクロビオティックの月刊誌「むすび」誌に連載中の「陰陽のメガネで四字熟語を読み解く」シリーズの原稿として「一日一生」をテーマにしたものを出版社に送った。東洋医学の古典・黄帝内経にある「子午流注」という発想が、昨今の遺伝子レベルの研究における「体内時計」と基本概念的には類似していることを書いたが、今回、稲葉さんの著書を読み、「なぜ1日は太陽のリズムである24時間周期にもかかわらず、体内は24時間10分周期なのか。そこに周期のズレがあるのはどうしてなのか」の謎も理解できた。

 自分の外と内の接点にある「夢」と「皮膚」についての論説も深く共感。

「夢を見ることで、外側の自分と内側の自分を繋ぎ、『イメージ』を介して何らかの調整をしていると考えられる。夢は、覚醒と睡眠のあわいとして、意識と無意識のあわいとして、互いに補い合い、支えあいながら、異なる二つの世界を調整しているのだ」

 東洋医学の生命観と紛争解決学の世界観に共通点を感じている私には下記の言葉もすんなりと入ってくる。

「伝統医療のように、体や心を戦場としてではなく調和の場として捉えるならば、医療も芸術も、全体性を取り戻すという意味では同じことを目的としていると考えることができる。失われたバランスを取り戻すために、ある時には医療を必要とし、ある時はには芸術を必要とするのだ」

 頂いた本の表紙裏には、自筆の絵が描かれていた。
絵心の全くない私だが、来年から旅先に詩を書く手帳と共に、小さなスケッチブックも持っていくことにしよう。稲葉本

良書紹介「ひとのこころとからだ いのちを呼びさますもの」(稲葉俊郎著) の続きを読む

良書紹介「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」(桒野泰士著)

 2019-02-22
【良書紹介「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」(桒野泰士著)】

アトピー改善アドバイザーとして活躍する朋友・桒野泰士さんから本が届く。題して「アトピーを味わい尽くすと、人生が変わる」(ギャラクシーブックス)。

桒野さんとの出会いは、3年前に私の学生時代からの友人・早川淳君宅でさせてもらった縄文ワークショップ。その後、彼の「分子栄養学」と私の「医食農同源」という、西洋科学的アプローチと東洋哲学的アプローチの異種格闘技戦的コラボ講演を共催。熊本地震の際にはTAO塾の「食のバリアフリープロジェクト」に参画してくれ、アトピー等で苦しむ人達に向けて安心安全のオーガニックの食べ物を届ける活動を共にした。

アトピーを克服した方々の体験談には説得力がある。しかし、その名称が「奇妙な」という意味のギリシャ語atopiaに由来しているくらい、一口にアトピーと言っても、原因は様々で、大気汚染,農薬,食品添加物,食生活の欧米化,住環境、精神的ストレスと人それぞれ。体験談を聞いても、食事療法で治った人もいれば、温泉がよかった、漢方薬がよかった等様々な療法が存在することがわかる。

皮膚科の病院を頼って通院するも、悪循環のステロイド地獄に陥る場合もあれば、劇的な効果を喧伝する民間療法が実は高価な機械や食品を売るアトピービジネスだったり、怪しい宗教がらみであったりすることも・・・。

そんな中で、桒野さんは「○○だけで治る」に期待するな、正解は一つではない、選ぶのはあなたなのだとこう語る。

「あなたの行動は、自分で決めて、自分の意思で起こしたもの。あなたには自分の行動を決める力があるし、答えを見つけ出す力もあります。『センセイ』や『ケンキュウジョ』などの権威ではなく、あなたのその力を信頼して下さい」と。

桒野さんの著書は、本屋に並ぶ数多の「アトピー克服本」とは似て非なる内容。彼自身が取り組んだ「方法」に科学的なメスを入れた具体的なアドバイスを随所に紹介しながらも、「自分自身との向き合い方・つきあい方」を全編を通じて底流に注ぎこんでいる。

化学物質まみれの衣食住と共に、押し込められた感情の及ぼす影響の大きさを彼は丁寧に観察する。被害感情、恐れ、不安、劣等感、罪悪感、親子の関係・・・様々な要因はアトピーという形で表出される。

桒野さんは、アトピーは何かのサインであると捉え、肌はアンテナであり、本来の才能を発揮する契機となりうると語る。

「もしかしたらアトピーは『サイン』かもしれません。現状に満足していない、今の場所が自分に合っていない、どこか別の所に居場所があるかもしれない、本当は言いたいことがあるのに我慢している、というサイン」

アトピーには、文明生活に伴うさまざまな変化により、複雑なメカニズムで増加した「文明病」という側面がある。アトピーを通じて、我々の住む「文明」の闇に気づくこともできる。そして、縄文の人々の心と体と言葉が一体になった「自遊人」のメンタリティを思い出すチャンスに変えて行くことも可能なのかもしれない。

 桒野さんの本は、アトピーを含め様々な病気に苦しむ人達を回復へと導くばかりでなく、ありのまま、そのまま、あるがままの自分へ解放していく福音の書ともなろう。
アトピー本

話題の本を読む! Reading the topic book.

 2018-06-04
話題の本を読む! Reading the topic book.

I read the book which Mr.Tatsuru Uchida and Mr.Susumu Shimazono recommended.
The author said
In accordance with MacArthur 's idea, Emperor Showa positioned the United States as " the Shogun " which protect national polity = Emperor system from the threat of socialism.
Although the Emperor system certainly remained, the national polity was changed to a structure in which the United States reigns over Japan. In other words, the Emperor system became a blindfold that disguises the actual sovereignty.
His book is exactly a textbook about structural violence.
内田樹と島薗進が絶賛する本を読む。
著者は言う。
「昭和天皇は、マッカーサーの考えに従い、米国を、社会主義の脅威から『国体』=天皇制を守る『征夷大将軍』とした。
確かに天皇制は残ったが、国体は、米国が日本の上に君臨する構造に変更された。つまり、天皇制は、実際の主権者を見せない目隠しになった」
構造的暴力についてのテキスト!

34278696_10156470370855850_2579081299507544064_n[1]

良本の紹介 Good books

 2018-04-21
良本の紹介 Good books

“98years old, I am happiest in my life now.”written by Miwako Hirakawa(Bungeisha)
All things come back to you.
To try or not to try ,everything is a challenge.
Worship heaven and live people.
“Miraculous Food Education”written by Mika Kunimitsu(Biken guide)
Processed food is easy to eat,convenient,and low price.But they have little minerals Calcium,Magnesium,iron,zinc,copper etc.
Food manufacturer uses Phosphate when they make proceed food.It drains minerals from our body.
“Magic of deep breathing”written byAiko Morita(Wani books)
Shallow breathing and mouth breathing cause illness.If you can not take a deep breath,your mind,attitude,behavior are wrong.
◎平川美輪子さんが書かれた「98歳 今が一番幸せ」(文芸社)
「全ぶ 自分に かえってくるよ」
「泣こかい飛ぼかい 泣こよっかひっ飛べ」
「敬天愛人」
◎国光美佳さんが書かれた「奇跡の食育」(美健ガイド)
「加工食品は簡単で便利で安い。でも、それらはカルシウムもマグネシウムも鉄も亜鉛も銅などのミネラル分が少ないのです。加工食品の多くに使われている「リン酸塩」は我々の体からミネラルを排出してしまいます。」
◎森田愛子さんが書かれた「深呼吸のまほう」(ワニブックス)
「浅呼吸・口呼吸は病気の芽となる。呼吸が乱れると、マインド、姿勢、振る舞い、そのすべてが乱れます。」

30688564_10156352528570850_7544062050574532608_n.jpg

残念かどうかはわからない⁈

 2017-11-26
残念かどうかはわからない⁈ 

支援学校に通う生徒たちが時々紹介してくれる今ハマっている本の紹介が面白い。今週は「ざんねんな生きもの辞典」(今泉忠明著)。
図書館で読んだらナルホド面白い!発刊1年で35万部を超えるベストセラーという事で目から鱗のオンパレード。「ざんねんな」という視点から見つめ直すと何とも愛しい生き物たちの姿が見えてくる。
●イルカは頭の上の鼻を水面に出して呼吸。なので完全に寝れずに目を交互に閉じて脳を半分ずつ休めている。
●ラッコはお気に入りの石を持ち歩くか隠してる。失くしたり、盗まれると、こだわりの石が見つかるまで、しばらく食事も満足に出来ない。
●人間の平均体脂肪率は20%。ブタは15%。生まれたばかりの子ブタに至っては2%。太っている人のことをブタとは言えない。
●蚊の主食は実は花の蜜や樹液。血を吸うのは産卵前のメスのみ。
●リスはワンシーズンに数百個のドングリを後で食べる為に埋めるが半分近くはその場所を忘れてしまう。そのお陰でドングリは春になると芽吹き、やがて木になり、実をつける。
●巨体に鋭い牙を持つセイウチは実は魚の小骨が苦手。元々主食は柔らかい貝。なんと水族館では骨を取って切り身を与えられている。
●カバはウンコをするとき尻尾を高速で振って撒き散らすことで、帰り道を間違えないようにしている。
e.t.c.

23795122_10155941524010850_2490597843628610119_n.jpg
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫