FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

コンフォートゾーンを抜け出す

 2018-11-02
コンフォートゾーンを抜け出す Out of my comfort zone

45002198_10156849163510850_543953373200646144_n.jpg
スポンサーサイト

神田紅師匠独演会

 2018-11-02
神田紅師匠独演会
Recital of my teacher Kurenai Kanda, one of the top story tellers in Japan


44897525_10156839230750850_6883975579188592640_n.jpg

44929529_10156839230780850_6483120801074642944_n.jpg

44770219_10156839231410850_3326162608351870976_n.jpg

いよいよ始まります

 2018-11-02
いよいよ始まります About ready to go now

43570849_10156837566380850_3745896769913880576_n.jpg


44846044_10156837566375850_7691009696567656448_n.jpg

44817974_10156837566485850_1817762229911552000_n.jpg

朝食&昼食@子ども食堂

 2018-11-02
朝食&昼食@子ども食堂 Children cafeteria in Oguni

44344446_10156823433945850_7818352977223090176_n.jpg

熊本大学交渉紛争解決学のスペシャル講師第5弾 森枝敏朗さん

 2018-10-07
熊本大学交渉紛争解決学のスペシャル講師第5弾 森枝敏朗さん
Special guest teacher of conflict resolution class vol.5


We got a lecture from Mr.Toshiro Morieda at Kumamoto university tonight.He was former health and welfare section of Kumamoto prefecture.
I met him at the meeting of the symposium of the children cafeteria held at Kumamoto Gakuen University last year .
When he was 34 years old, he has worked in Oguni Town as a town and village official of the prefectural government that Hosokawa Kumamoto Prefectural Governor started.
He considered social situation and the characteristics of the area with the Mayer of Oguni.He organized the town planning system in the town.And it seems that experience in Oguni Town could also be utilized in Minamata.
He introduced various episodes with Mr. Teruo Kawamoto was a chairman of Chisso Minamata disease federation.
He was a fighting activist, but he was a wonderful man with nice smile and a strong sense of justice.He seems to have said that Minamata disease should be a World Heritage.
Mr. Morieda showed us some charts which he made to grasp the multifaceted, wide and deep meaning of Minamata disease.It was made with politely chosen words and was structurally understandable.
His words "Praying and learning are united" impressed me.
今夜の特別講師は、元熊本県健康福祉部長の森枝敏郎さん。森枝さんとは、昨年熊本学園大学で開催された子ども食堂シンポジウムの実行委員会でご一緒したのが出会い。
34歳の時、細川知事による県庁職員の町村派遣第一号として小国町で働き、宮崎町長と一緒に社会情勢と地域特性を考えた町民プランニングシステムを導入。小国町での町づくりの経験は水俣でも活かされたらしい。
森枝さんは、チッソ水俣病患者連盟委員長の川本輝夫氏との様々なエピソードも話してくれた。闘士として知られる彼だったが、仁義に厚く正義感が強い笑顔のステキな人で、「水俣病を世界遺産に!」と語られていたらしい。森枝さんが水俣病の持つ多面的な広くて深い意味を把握するために作成した図解を見せてくれた。それは、丁寧に選ばれた言葉の集合であり、構造的に理解できるものだった。そして、「祈りと学びは表裏一体」の言葉が印象的だった。

43160933_10156787065615850_7532773334627385344_n[1]

43245335_10156787065070850_8041468131589226496_n[1]

43211782_10156787065155850_1370131976589148160_n[1]

43263135_10156787065185850_1898981332789231616_n[1]
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。