暗き道 寄り添い照らす 竹灯籠

 2017-11-12
暗き道 寄り添い照らす 竹灯籠

阿蘇小国町の最寄の都市は大分県日田市。江戸時代、幕府直轄の天領として栄えた日田市の秋の風物詩「千年あかり」。江戸時代の儒学者広瀬淡窓が開いた私塾咸宜園もいつの間にか美しく整備されている。
重要伝統的建造物群保存地区に指定されている豆田町周辺を、3万を数える竹灯籠が幻想的に彩る。煌びやかな灯りが包む中道はまさに幻想的な小京都。
大上段に上から照らす大きな光でもない竹灯籠。そのひとつひとつは、一息で消えてしまう実に小さい光なれど、寄り添えば、暗き道の足元を照らし安心して歩める道しるべとなる。心高身低自灯明

23380200_10155914224690850_678898357236952394_n.jpg

表面を作るという事は内部を改良する一種の方法

 2017-11-12
表面を作るという事は内部を改良する一種の方法

久しぶりに大学生協で立ち読み。特にフェアがあってるわけでもないのに漱石関連本がエラく充実している。どうしたのだろう?

図書館で地元の熊日新聞に目を通していてわかった。

夏目漱石生誕150周年を記念して、彼の命日12月9日に、旧制五高で教鞭をとった漱石と小泉八雲(ラフカディオ•ハーン)を専門的に研究する「漱石•八雲教育研究センター」が熊本大学文学部内に開設される。

「表面を作る者を世人は偽善者という。偽善者でも何でもよい。表面を作るという事は内部を改良する一種の方法である。」(夏目漱石)

表面医学は東洋医学の真骨頂だ!

23380140_10155912929305850_1975050077336268862_n.jpg


12月1日(金曜)夜TAO塾東洋医哲講座 参加者募集!

 2017-11-11
12月1日(金曜)夜TAO塾東洋医哲講座 参加者募集!

桃太郎と西遊記の謎を探るの巻〜桃太郎は実は金太郎だった?最も地味な存在の沙悟浄こそが紛争解決平和構築を担うメディエイターだった?

詳しくはコチラ

東洋医哲講座

11月30日(木曜)夜 TAO塾料理教室 参加者募集!

 2017-11-11
11月30日(木曜)夜 TAO塾料理教室 参加者募集!

今回は、天然のインスリンとも呼ばれる「菊芋」の陰陽•明暗を理解して、その長所を引き出す知識と技術をお伝えするお料理教室です。

詳細はコチラ

料理教室

日本? Japan ? NIPPON?

 2017-11-11
日本? Japan ? NIPPON?

地元新聞に郷土出身の伝説のアスリート金栗四三の記事が連載。
なかなかの「肥後もっこす」だったようだ。
熊本弁で頑固、反骨、変わり者•••を意味する。
オリンピックのプラカード表記の議論。
嘉納治五郎の大岡裁定は、柔の道の紛争解決平和構築メディエイターか⁈
金栗四三は、マラソン選手として3度の世界記録を樹立し、日本人で初めて、第5回オリンピック・ストックホルム大会に出場。
さらに、第7回アントワープ大会・第8回パリ大会と3度のオリンピック出場を果たし、今や正月の風物詩となった「箱根駅伝」も彼の発案だ。
熊本県玉名市出身の彼が、NHKの2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の 主人公に選ばれた。
時代考証を「懐かしい未来食」研究家の天野朋子先生のお母様の天野隆子さんが担当する。オリンピックの時代背景と光と陰を見つめる機会にしたい。

23434905_10155909299105850_7837702010874799599_n.jpg
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫